ゴーン会見で日本人が理解できなかったこと

やる気満々ゴーンが顔を引き締めたある質問

2020年1月8日、レバノンのベイルートで会見する日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏(写真:ロイター/アフロ)

2019年1月8日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏が世界のメディアを集めて、中東レバノンの首都ベイルートで記者会見を開きました。会見の内容は日本でもずいぶんと報道されましたが、4カ国語が飛び交う記者会見の中で、日本側が気づかなかった、あるいは日本では問題にならないことが問題として取り上げられ、ゴーン氏が問い詰められることさえありました。それをいくつか指摘しましょう。

「ゴーン氏はレバノン人の誇りで、このたびの騒ぎには驚きを隠し得ない。われわれは彼が善人であり、無罪であることを信じて疑っていない」

会見の冒頭、レバノン記者クラブのオーニー・カアキ会長はアラビア語で堂々とスピーチしました。さらに、「海外で最も成功したレバノンの英雄」と述べてゴーン氏の経歴と偉業を紹介したことに対し、アラブ人記者たちは一斉に拍手を送っていました。

レバノン国民の不満が高まるタイミングで入国

実は、ゴーン氏がレバノンに入国したタイミングは、レバノン政界にとってとても微妙なタイミングだったのです。レバノンは2019年10月に「インターネット使用に課税する」という政府発表に対し、大規模な反政府デモが発生しました。これはスマートフォン上で使う通話アプリの使用に対し、1日0.2ドル(約22円)を徴収するという内容でした。

一方で、低迷するレバノン経済に対する不満が頂点に達しており、現政権も、ましてやすべての既存政党もいらない、政治家はすべて辞めてしまえと叫ぶ抗議デモが全土に広がり、結局ハリリ首相は辞任しました。現在はちょうど組閣に向けての話し合いが行われています。

そんな時に、レバノンの英雄・ゴーン氏が戻ってきました。帰国後、ミシェル・アウン大統領や要人との面会を済ませました。そのため、レバノン国民の間で「ゴーン氏が組閣に加わるのか」「政界へ進出するのか」との関心が高まっています。

実際に、社会民主主義政党である進歩社会党の党首が、「ゴーン氏をエネルギー大臣に」とSNS上で発言したほどでした。この発言はその後削除されましたが、さまざまな憶測を呼ぶことになりました。

ゴーン氏に対するレバノン国民の声は揺らいでいます。日産のV字回復を果たしたゴーン氏が、レバノン経済も回復させてくれないかと期待する人がいます。一方で、既存の政界・政権に近い人物には期待できないという声も強い。ゴーン氏も結局は現政権の仲間ではないかと、冷めた見方をする人たちもいるのです。

もしゴーン氏が政権入りを果たすのであれば、不逮捕特権などで法律上守られることになり、国内外からの司法の追及から逃れられることになります。

次ページゴーンが表情を引き締めた質問とは
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 就職四季報プラスワン
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。