有名人の「第二の人生」その知られざる"幸福度"

ジャンルや土地を変え奮闘する彼らのホンネ

多くの人が一発屋として消えてしまう芸能界。そんな環境で浮き沈みをする芸能人たちだが、あの手この手で“消えない一発屋”に。彼らはどのようなことを行っているのだろうか(写真:週刊女性PRIME)

芸能界は浮き沈みが激しい。第一線でずっとやっていける人など、ほんのひと握りだ。それゆえ、多くの人が“一発屋”として消えることに。ただ、最近は状況が変わってきた。とくに芸人の世界で、あの手この手で生き残る“消えない一発屋”が増えてきたのだ。

SNSやユーチューブでの“思想語り”がドレンド?

子ども相手の営業で大人気の小島よしお、代表ギャグ「ゲッツ!」が15秒の短い尺にぴったりなことからCMで重宝されるダンディ坂野、キャンプの知識と老人ウケする芸風で『笑点』や『徹子の部屋』にちょくちょく出るヒロシ。中には別の笑いに活路を見いだす人もいて、世界のナベアツは落語家・桂三度になった(同じく、にしおかすみこも春風こえむという名で落語をやっているが、知名度はいま一つである)。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

かと思えば、笑いを離れ、新天地を目指す人もいる。ピースの綾部祐二は相方・又吉直樹が作家としてブレイクしたこともあって、ハリウッドスターを目指し、旅立った。成果を上げられるとはあまり思えないものの、帰国すればしばらくアメリカネタで食いつなげるだろう。

ボキャ天世代の芸人・おさるは特技の書道を生かして書家『宇都鬼(ウッキー)』となり、かつての相方・コアラは飲食店や芸能事務所を経営している。元妻・三原じゅん子は安倍晋三首相とともに政見放送をやって話題になったが、昔はいつもその隣にはコアラがいたものだ。

そんな中、いかにも今どきの方向転換といえるのが、ツイッターやユーチューブで思想を語るというもの。ベテランではラサール石井や松尾貴史、中堅では星田英利(ほっしゃん。)、若手ではウーマンラッシュアワー村本やオリエンタルラジオ中田などが代表格だ。

ただ、思想的に左寄りの人が多く、そろそろ定員オーバーの感も。今後は右寄りで発信するほうが狙い目だろう。あと、村本には相方の中川パラダイスの面倒もちゃんと見てやってほしい。

一方、昔からあるやり方が、ゆかりのある地方で活動するというもの。例えば、ギター侍こと波田陽区は出身地の山口やその隣県・福岡でそこそこ仕事を得ている。家族で福岡に移住し、事務所の九州本部に所属。もはや、ご当地タレントだ。本人いわく、

《東京から芸人を呼ぶより交通費がかからないから有利なんです!》

とのこと。なお、この発言は、山田ルイ53世の著書『一発屋芸人列伝』からの引用だ。この人もひぐち君と組んだ髭男爵で“ルネッサーンス!”というギャグを生み出し一発当てたが、その後、失速。自身も含めた一発屋芸人の生態を赤裸々に描いたこの本で再浮上を果たした。その勢いで『ミヤネ屋』にパネリストとして呼ばれるようにもなっている。これもまた、1つのセカンドステージである。

次ページ田舎のほうが「あったかいんだからぁ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。