安倍政権の高支持率は、バブルか、本物か?

トビアス・ハリス氏が語る安倍政権(上)

高支持率が続く安倍政権。しかし、経済が傾けば、その人気は一気に急降下するだろう(写真:ロイター/アフロ)

安倍政権の高支持率が続いている。しかし、経済、外交、防衛など難問は山積している。現在の高い支持率は、確固たるものなのか、それとも、容易に崩壊しうるものなのか。今後の安倍政権について、テネコ・インテリジェンス(ニューヨークに本拠を置く企業顧問会社・テネコ傘下のリスク評価部門)で日本専門家を務める、トビアス・ハリス氏に聞いた。

安倍政権の高い支持率は錯覚か?

――安倍晋三首相は高い支持率を維持できると思いますか?

安倍首相の高支持率にはいくつか要因がある。ひとつは経済政策がうまくいっているように見えることだ。家計所得が上がるなど具体的な結果ではなく、いろいろな面で経済が変わってきていると言われているからだ。経済重視の政策のおかげで支持率は高い。もしも防衛や安全保障などの問題に偏重し、予定されている消費税引き上げが予想以上に経済に痛手になれば、支持率は下がるだろう。

安倍首相を支持する以上に、有権者は民主党に深く失望している。それが高い支持率に反映している。有権者はこう言っている。「民主党にやらせてみたが、うまくいかなかった。政治的展望についてはともかく、安倍首相は少なくとも経済についてはいいことを言っているし、うまくやっている。だから支持している」と。

しかし、その支持はいかに薄っぺらかということを示している。高支持率が長く続いていることには私も驚いているが、その強さは錯覚かもしれない。安倍首相に対する支持は数字ほど強くない。仮に少しでもうまくいかないことがあれば、支持率は雪だるまのように転がり落ちるだろう。

――世論調査によると、有権者の70%はアベノミクスの具体的なインパクトを感じていないと言います。

その数字はまだ低いほうだ。世論調査によっては75~80%の有権者がそう感じている。安倍首相が指示している賃上げ交渉が分岐点にさしかかっている。家計所得が増えなければ、支持率は下がる。実感的な成果が得られなければ、高い支持率はバブルということになり、破裂するか急低下する。

経済問題を重視し続ければ、その打撃は限定的かもしれない。しかし、防衛など非経済的な問題に余計に重きを置き、そういう状況の下で経済が落ち込んだりすると、安倍政権はかなりのトラブルに巻き込まれる。

次ページ自民党の不満
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT