J:COMが徹底的な「地域密着」で得た独自の地位

ラストワンマイルを握る者ならではの強み

89年にアナログ衛星放送の本放送がスタートした際、視聴するには別途専用チューナーとパラボラアンテナを購入する必要があったが、ケーブルテレビは一括受信→再送信というサービスを実現することで、「アンテナとチューナーなしでBS放送が見られる」というメリットを押し出して加入者を増やし(CS放送においても同様)、都市型多チャンネルサービスの普及を促進させた実績がある。

さらに家庭用インターネットサービスにおいても、NTTがアナログ電話回線による従量制を主流としていたころ、同軸ケーブルの広帯域とケーブルモデムの使用によって、高速で定額制の常時接続サービスを実現し、ブロードバンド普及の先駆けとなったことも、見逃せない。その後のデジタル放送対応、現在の4K放送への積極展開も、そうした歴史の上にある。

OTTとは競合ではなく共存を目指す

ケーブルテレビは、サブスクリプション(定額制)方式のコンテンツビジネスにおける走りとも言え、しかも当該サービスエリアでは同業との競合も基本的にないため、新規加入数と解約数のバランスが取れてさえいれば、安定的な経営が行えるとされてきた。しかし「ひかりTV」など光ファイバー業者によるコンテンツ提供が始まると、トリプルプレイサービスの優位性は徐々に薄れ、さらに近年、ネット動画配信ビジネスであるOTT(オーバー・ザ・トップ)の登場により、ユーザーの“お財布”をめぐる競争がいっそう激化するだろうと予想される。

しかし、J:COMが19年12月に提供開始した新STB(セットトップボックス)「J:COM LINK」は、NetflixやDAZN、TVerなどのネット動画をテレビで気軽に楽しめる機能を搭載している。

「従来の多チャンネルとOTTは競合関係にあると言えますが、ネット動画を大画面のテレビで見たいというお客様のニーズは確実にありますし、当社のインターネットサービスへの加入促進にもつながるので、アライアンスによって共存していけると考えています」(高橋氏)

ネット動画をテレビで見るには、対応するスマートテレビやAmazon Fire TV Stick、Google Chromecastといったデバイスでも実現できるが、自前でデバイスを導入せずとも、今あるテレビを“最新のスマートテレビ”に移行できるSTBを提供したほうが、顧客満足に直結するというわけだ。

次ページJ:COMはなぜコミュニティチャンネルを重視するか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT