「家、ついて行ってイイですか?」成功の秘密

今やテレ東バラエティを代表する人気番組に

「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京、毎週水曜夜9時から放送中)
今やテレ東バラエティを代表する人気番組となった「家、ついて行ってイイですか?」。そのカテゴリーはバラエティながら、市井の人の「リアル」を描くドキュメンタリー番組であるといっても過言ではない。プロデューサーが番組成功の秘密を明かす(当記事は『GALAC』12月号からの転載です)。

人々のリアルな「ウチ面」を撮るために

終電を逃した人に、タクシー代をお支払いするので、「家、ついて行ってイイですか?」と聞いてみて、OKならその場でついていく。

人が普段社会で見せる「ソト面」と、家で見せる「ウチ面」の違いを見たり、想像したりするのが趣味で、気になるとつい、ついて行きたくなっちゃうのですが、この番組では人々のリアルな「ウチ面」を撮るために、試行錯誤しながらいくつか演出手法が定まっていきました。

“新たなドキュメンタリーの形”という、今回の特集に関連する点について述べれば、この番組が標榜するのは、

当記事は『GALAC』12月号(11月6日発売)からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

①「即興」のドキュメンタリー

②「バラエティ」・ドキュメンタリー

③「超リアル」ドキュメンタリー

④「半径10m以内」のドキュメンタリー

⑤「偶然」のドキュメンタリー

この5点です。

①「即興」のドキュメンタリー

これは明らかに、地方局も含む他局の良質なドキュメンタリーに対するコンプレックスから来るものです。

フジテレビの「泣きながら生きて」は大好きですし、東海テレビの「人生フルーツ」も、NHKの「ヤノマミ〜奥アマゾン 原初の森に生きる〜」や、海外の「アクト・オブ・キリング」といったドキュメンタリーも、人生で一度はこんなドキュメンタリーを撮ってみたいと嫉妬します。

次ページテレ東制作局には「ない」ものばかり!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT