自前路線とついに決別、孤高ユニーの窮余一策

自前路線とついに決別、孤高ユニーの窮余一策

東海の雄、小売り大手のユニーがついに扉を開けた。業務提携先の伊藤忠商事から2010年3月末までに3%の出資を受け入れることを決めた。同社は実質的な筆頭株主となる。

実はユニーと伊藤忠の関係はかなりデリケートだ。両社は2006年から、衣料品や食品の共同開発などで業務提携。その間、年4回会長や社長らが出席する経営協議会を開き、将来のプロジェクトなどについて議論してきた。

ユニーの念願である中国本土進出にも弾みがつく。伊藤忠は中国ではGMS(総合スーパー)の成功事例とされるイトーヨーカ堂と手を組んでおりノウハウがある。伊藤忠とユニーは提携後、現地視察に何度も訪れ、GMS構想を煮詰めてきた。11年までにヨーカ堂とは競合しない上海に出店する予定だ。

一見、極めて友好的な関係だが、今回の提携に関しては、ユニーの心情は複雑だ。

同業者の拡張路線に目もくれず、地元市場の深掘りを進める堅実さと、その裏に潜む高いプライドがユニーの特徴だ。伊藤忠とも実質的に提携関係を深めながら、表向きは「協力関係」と緩い言葉を選んできた。「提携」の言葉に軍門に下ったかのような響きを感じていたからだろう。

孤高の「自前路線」が成立する背景には地域特性もあった。八丁みそなど関東とも関西とも異なる東海の独特の食習慣は、地域外のチェーンには厄介な問題だ。そこに築いた牙城は強固で、他社との資本提携など論外だった。

伊藤忠にとって小売業態は「21世紀の(成長の)ベース」(小林栄三社長)。資本提携の意欲は強かったが、実現する可能性は低いとみられてきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT