2020年の株価予測でチェックすべき5つの指標

景気の波をつくり出す製造業の動向に着目

工作機械をはじめとした製造業の経済指標は、株価の先行きを判断するうえで欠かせない要素だ(写真:Jin/PIXTA)

荒削りの議論であることを承知のうえでいえば、世界の株式相場の予想にあたってはもっぱら製造業の指標に着目するのも1つの手だろう。世界の株価は製造業指標と密接に連動するためだ。製造業のウエイトはアメリカが1割程度、日本、ドイツが2割程度を占めるにすぎず、中国でさえも4割程度だが、景気変動の波を作り出しているのは基本的に製造業である。そうした観点から、今回は株式市場と関係の深い5つ製造業データを見ていく。

驚くほど株価と連動するグローバル製造業PMI

百聞は一見にしかず、ということでグローバル製造業PMIと世界株式(MSCIワールド)および日経平均のグラフを重ねると、その密接な連動性が確認できる。マクロの経済指標と株価の関係は、リーマンショック前後で断層が生じたり、何らかの構造変化によって連動性が失われているものが少なくないが、グローバル製造業PMIと株価の関係は驚くほど安定している。

2012年以降のデータに基づくと、世界株との決定係数は約0.55(相関係数は約0.74)と十分な説明力がある。日経平均との関係は2013~14年の大幅な円安、2015~16年はその反動によって乖離が生じる局面があったが、その間も方向感は大きく崩れておらず、現在も連動性が保たれている。グローバル製造業PMIは企業に対して前月との比較で業況を問う調査であるから、そこで導き出された数値が結果的に株式市場で形成される景況感と一致するということだろう。

ちなみにグローバル製造業および各国の製造業PMIの発表を受けて、その日の株式市場が大幅な変動を示すことは滅多にない。

次ページ世界製造業の変動を主導するのは半導体、IT関連財
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT