糖尿病に手を差し伸べる新型「医療保険」の正体

アプリで健康増進、保険料還元で動機づけ

新商品の販売目標は「1年間で1万件の獲得」(SOMPOひまわり生命事業企画部の宮﨑雄次特命課長)だ。ただ、真の目標はそれだけではない。

同社は大場社長が就任した2018年4月以降、「健康応援企業」を目指している。生命保険各社は従来、保険商品を通じて病気になったときの保障(給付金の支払い)を提供してきたが、それだけではなく、病気の早期発見や予測・予防領域など、加入者が健康になることを支援し始めている。

「インシュアヘルス」で顧客の健康を増進

同社でも、「保険」(インシュアランス)と「健康」(ヘルスケア)を融合した「Insurhealth(インシュアヘルス)」を標榜し、保険料が変動する収入保障保険や認知機能をチェックできる認知症保険など、疾病予防や健康増進につながる商品を打ち出してきた。

その一方でアプリを通じて集められたさまざまな行動データを分析し、将来の商品やサービスの開発につなげていくことも視野に入れている。蓄積された運動習慣や食事、睡眠などと病気との関連性を分析し、何らかの因果関係がわかれば、生活習慣病の予防をより精度高く行うことができるからだ。

3メガ損保の一角であるSOMPOホールディングスは、グループに損保会社や介護・ヘルスケア事業会社などがある。介護施設の入居者のデータと糖尿病患者のデータを掛け合わせて、高齢者向けの新たな重症化予防法の開発なども、将来可能になるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT