「有馬記念」アーモンドアイ1強に死角はあるか

国内最強牝馬が年末の祭典に出走決めた背景

凱旋門賞組はファン投票3位のキセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)とファン投票6位のフィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)の2頭が参戦する。キセキは凱旋門賞で伸びを欠き7着、フィエールマンは凱旋門賞で失速し12着。ともに帰国初戦でどこまで立ち直っているか。

キセキは2017年、フィエールマンは2018年の菊花賞馬で、今年のワールドプレミアを含めて菊花賞馬が3頭そろうのは2002年以来17年ぶり3回目。キセキは名手ライアン・ムーア騎手が騎乗。フィエールマンは有馬記念最多4勝で連覇を狙う池添謙一騎手が初コンビを組む。

ファン投票9位のレイデオロ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は昨年の2着馬。今季未勝利と不振だが、一昨年のダービー馬がラストランで劇的な復活劇を見せるか。

今回がラストランの馬も多い。前述のリスグラシュー、レイデオロのほか、今年の大阪杯勝ち馬で一昨年の皐月賞を制したファン投票12位アルアイン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、一昨年のジャパンC勝ち馬のファン投票13位シュヴァルグラン(牡7、栗東・友道康夫厩舎)、一昨年のNHKマイルC勝ち馬のファン投票18位アエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)、エリザベス女王杯3年連続2着のファン投票24位クロコスミア(牝6、栗東・西浦勝一厩舎)も今回が引退レースとなる。

ファン投票23位エタリオウ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は「最強の1勝馬」。ファン投票47位スティッフェリオ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は過去10年で4勝と相性のいいステイゴールド産駒だ。ファン投票55位スカーレットカラー(牝4、栗東・高橋亮厩舎)は父ヴィクトワールピサに続く史上4組目の有馬記念父子制覇がかかる。

今年は日本競馬のグローバル化を象徴する年に

令和元年は、史上最多の日本調教馬の海外GⅠ年間8勝、史上初めて外国馬参戦なしのジャパンC、18年ぶりの香港国際競走GⅠでの日本馬3勝など日本競馬のグローバル化を象徴するさまざまな出来事があった。ディープインパクト、キングカメハメハの2頭の大種牡馬が世を去った。それでも令和初の有馬記念には役者がそろう。年末の大一番に夢をかけるファンは多い。

競馬ファンも、有馬記念だけは馬券を買うという人にとっても、今年は目移りするような豪華なメンバーがそろっている。過去最高だった1996年には875億円の売り上げを誇った有馬記念は近年410億円から450億円の売り上げで推移している。昨年は436億円だった。

今年は久しぶりに500億円の大台も見えるのではないか。日本一の売り上げを誇るグランプリGⅠへ興味は尽きない。今年はどんなドラマが待っているのか。今から胸が躍る。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。