「息子の様子が変」マトリに駆け込んだ母の苦悩

覚醒剤乱用者の症状が「最近の息子と似てる」

父親は落胆しながらもうなずいた。母親はうなだれたままだ。ショックを隠し切れない母親に代わって、父親が切り出した。

「昨夜、息子が妻に絡んできました。“ケーキ買ってこい”“学校に電話しただろう”と訳のわからない言いがかりを始め、無視する妻の肩を背後からつかもうとしました。さらに、止めに入った私を突き飛ばし、壁にコップを投げつけながら部屋に閉じこもってしまいました。妻のことを『ババァ』と呼ぶようになるなど、本当に人が変わったみたいで……。

息子が覚醒剤に手を出していたなんて本当にショックですが、捜索でも何でもやってください。病院へは行かないと思いますし、入れてもまた繰り返すでしょう。一罰百戒。本人にきちんと反省させたうえ、立ち直らせたいです」

相談者宅に踏み込んだ

翌朝、Wの部屋から見つかった品々の鑑定結果が出た。われわれの予想どおり、アルミ片、ストロー、ポリ袋のいずれからも覚醒剤の成分が検出された。

『マトリ 厚労省麻薬取締官』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

捜査員から電話で結果を伝えられた父親は、「……わかりました。息子はあれ以来部屋に閉じこもったきりです。捜索はいつでも構いません。それと昨夜、また、息子宛に宅配便が届き、本人が受け取っています」。

それを聞いた私は、直ちにガサを打つことを決めた。

「ブツが届いた。明朝やる」

捜査員にはそう指示を出した。慌ただしく令状請求の準備が始まり、夕方には裁判所から令状の発付を得る。そして翌朝、閑静な住宅街にある相談者宅に踏み込んだ。Wの部屋は2階の一室で部屋の中から施錠されている。ノックして声をかけてもドアは一向に開かない。仕方なく、われわれマトリは父親の承諾を得て鍵を破壊した。

結局、数袋の覚醒剤に加えてMDMA、大麻、大量の睡眠薬などが見つかったのだ。

このように、ネットの普及により、薬物は芸能人だけでなく普通の人にも、身近になっている。Wの場合、母親が息子の変化に気づき「もしかして」とマトリに相談したこと、父親も覚悟を持ったことで、早い段階で気がつき逮捕することができた。詳しくは次回記事に譲るが、最終的にWは周りの人のサポートを得ながら更正していく。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。