「息子の様子が変」マトリに駆け込んだ母の苦悩

覚醒剤乱用者の症状が「最近の息子と似てる」

息子が逮捕される可能性を提示されながら“覚悟を決めている”と明言したこの親を、私は当時、とても立派だと感じた。半年で50万円を渡したのは感心しなかったが、普通はそんな決心はできない。よほど悲惨な事態に陥らない限り、親はわが子の逮捕を最後の最後まで避けたがるし、何とか穏便に済ませようとするものだ。

状況を聞き、われわれは、Wがほぼ間違いなく覚醒剤を使用しているとにらんだ。入手経路はネットだろう。1996年当時、すでにネット上には薬物密売サイトが散見され、われわれはそのうちのいくつかを対象に捜査を始めていた。しかし、こうも早くネット密売の「客」と接触することになるとは正直、思わなかった。

私はうなだれる母親に、「息子さんは、覚醒剤をはじめとする興奮系薬物を使用している疑いがある。何とか息子さんの部屋に入って調べてほしい。どんなささいな証拠でもよいので早急に見つけてもらいたい。それ次第で、捜査が可能かどうか判断させてもらう」と伝えた。母親は「はい」と小さくうなずくのみだった。

庭からはしごをかけて息子の部屋に入った父親の覚悟

数日後、母親が夫を伴ってマトリを再訪した。大企業の役職に就くWの父親が語り始める。

「やっと息子の部屋に入ることができました。息子が外出している隙に、庭から窓にはしごをかけまして……。なんとも情けない話です。それで、ベッドの下や本棚に置かれた雑貨をあさっていると、裏ビデオと一緒にこのような物が出てきました」 

父親が提示したのは、くしゃくしゃに丸められたアルミ箔と、10cmほどの長さに切断されたストロー、そして、小型のチャックが付いたポリ袋に、簡易ライターなどであった。アルミ片には焦げ跡があり、若干だが燃えかすが付着している。これらの証拠から導き出せる答えは1つしかない。

両親は神妙な面持ちで私の言葉を待っている。母親は心労からか、前回に増してやつれた印象だ。だが、ここで真実を伝えなければ、本格的な捜査には乗り出せず、Wを助けることもできない。私は意を決して説明を始めた。

「ご両親にはショックを与えることとなりますが、息子さんは覚醒剤を使用していると十分に疑えます。まず、このアルミ箔に付着しているのは覚醒剤の燃えかすです。裏の焦げ痕は、ライターの火であぶった痕跡。

アルミの上に少量の覚醒剤を載せて、下からライターの火であぶって燃焼させ、立ち上る煙をストローで吸い込む。お持ちいただいた息子さんの所持品から疑われるのは、いわゆる“あぶり”と呼ばれる覚醒剤の使用法です(※近年では、アルミ箔ではなく小瓶を使用するケースが増えている)。

注射が苦手でも、この方法を使えば容易に覚醒剤を摂取できますし、注射痕も残りません。発見されたライターはそのためのものでしょう。ポリ袋は覚醒剤が入っていたものと思われます。おそらく覚醒剤はネットで買っているのでしょう。

これから鑑定に回しますが、覚醒剤反応が出ればすぐさま捜索に移ることになります。お気持ちはわかりますが、息子さんの状態は芳しくない。このまま放置すれば健康被害のみならず、最悪の場合、二次犯罪を引き起こす危険性もある。本人も苦しんでいるはずです」

次ページ息子を立ち直らせたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。