会社の雰囲気を超良くするたった1つの工夫

一言で若手の気持ちを明るく変えられる

皆さんの職場は、上司・部下ともに「ありがとう」を言い合える空気が醸成されていますか? (写真:zon/PIXTA)
長年アパレル企業で若手のマネジメントに携わってきた石田祐一郎氏による連載「今どきの若手の育て方」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

「ありがとう」の一言を忘れない絶大な効果

貢献に対して必ず得られるもの、それは「感謝」です。そして、最もシンプルな「感謝のメッセージ」が「ありがとう」なのです。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

それは、「あなたのおかげで、私はありがたい気持ちになりました」という意味だからです。なので、上司は若手の貢献に対して「ありがとう」を増やすことをおすすめします。

例えば、バッグの日本ブランドで、世界企業になっている有名な会社があります。先日、とあるテレビ番組で、なぜこの会社は世界的な企業になれたのかの特集をしていました。

そのときに、この会社にはコミュニケーションにおいて2つのルールがあることを知りました。

それは、

・相手の悪いことは絶対に言わない。
・誰もが「ありがとう」を言う。

です。

次ページ相手の悪いことは絶対に言わない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT