会社の雰囲気を超良くするたった1つの工夫

一言で若手の気持ちを明るく変えられる

この会社は女性が90%以上なのですが、なぜ女性に悪いことを言わないのかの理由として、「女性は悪いことを言われたり、されたりすると一生覚えているから」という解説がありました。

「なるほど」と思いました。

こんな話があります。熟年離婚というものがありますが、ある定年退職した夫が奥様からこう言われたそうです。

「あなた、私たちが結婚して、最初に私がつくった料理を覚えてる?」

夫が「え?」と回答できずにいると、さらに奥様はこう言いました。

「私はね、カレーをつくったのよ」

夫は、「そうなんだ」と心でつぶやきます。

そして、奥様はこう言いました。

「あなた、そのカレーを食べてなんて言ったか覚えてる?」と。

夫は、目をぱちくりしていると、奥様はこう言いました。

「あなたは、こう言ったのよ」

「お袋の味と違うな」と。

「私はね、あなたの奥さんになったのであって、お母さんになったわけじゃないのよ」と。

奥様は静かにそう言って、離婚届をスッと出したそうです。

それを結婚して40年後に言われるわけです。特に男性全般に言えることですが、女性に対しては、決して悪いことを言わないというのが、コミュニケーションの基本なのです。ぜひ、肝に銘じたいところです。

そして、この会社ではそういったことがないように、「悪い点は言わない」ということをルールにしたそうです。相手のいい点をしっかり伝えるコミュニケーションを全員が意識することで、スタッフ全員が強みを活用して、いい接客をするよう心掛けるようになったといいます。

誰もが「ありがとう」を言う

加えて、社長、店長、スタッフ、すべての人がお互いに何かしたら「ありがとう」を言い、感謝するそうです。そのことによって、社内では「ありがとう」が当たり前の状態になっているそうです。そして、それはとても大切なものをもたらしました。それは、お客様に対しての「ありがとう」が、いつも笑顔で明るい声で言えるようになったことです。

次ページCSがうまくいくポイントは「内外一致」していること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。