「早慶MARCH」30年前ではありえなかった下克上

もはや超難関大学と化したMARCH「本当の序列」

(出所)『週刊東洋経済』12月21日号 特集「早慶を猛追! MARCH大解剖」

まず大学単位で見てみよう。明治と立教の両方に受かった例では、71.3%が明治を選んだ。明治はMARCH4大学に対して70%以上の選択率を示しており、MARCH内では明治が強い点がわかる。

ダブル合格から読み取れるのは、MARCH内で“明高法低”という「明治、立教、青学、中央、法政」という序列になっていることだ。

明治はMARCHで飛び抜けた存在に

東進ハイスクールの島田研児・教務制作部長は、「『明治、立教、青学、中央、法政』という序列は昔からあまり変わっていない」と話す。ただし、「MARCHの中でかつてよりも明治が飛び抜けた存在になっているのは事実。背景にあるのはバンカラから都会的なイメージへと変わり、女子学生も増えたことだ。政治経済、商、法といった看板学部に加え、国際日本、情報コミュニケーションといった新学部も成功している」と指摘する。

一方で、学部単位で見てみると、「明治、立教、青学、中央、法政」という大学単位での序列がそのまま当てはまるとは限らない。

例えば法学部。中央と明治の両方に合格しても、80%が中央を選択。青学、法政に対しては100%と圧勝している。

中央法学部は、資格試験の最難関の1つである司法試験に強い。大学別の合格者数も329人(17~19年度の合計)と、慶応、東大、京都大学に次ぐ4位だ。国家公務員総合職(旧上級職)試験でも、私立で早慶に次ぐ実績がある。

経営学部と商学部では、立教経営学部が強い。明治経営学部に対しては85.7%が、青学経営学部と法政経営学部に対しては100%が立教を選ぶ。06年開設の新しい学部だが、英語教育やリーダーシップ教育を充実させている。また、有名教授をそろえることで、受験生からの人気は急上昇。「立教池袋高校や立教新座高校といった付属校でも志望者は多い」(立教OB)という。

『週刊東洋経済』12月21日号(12月16日発売)の特集は、「早慶を猛追! MARCH大解剖」です。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT