プレゼンが苦手な人は質問の深掘りができない

「What」「Why」「How」を突き詰めれば見えてくる

「質問する力」と「プレゼンづくり」は表裏一体なんです(写真:Fast&Slow/PIXTA)

プレゼンの後の質疑応答タイム。「何か質問はありますか?」と問いかけられても会場はシーンと静まっている。それなのに終了後にはプレゼンターのところに名刺交換の長い行列ができ、そこで質問する――。このような不思議な光景によく出くわします。

実は私、聴衆として参加するときに、講演主催者から「もし何も質疑応答が出なかったら、そのときはお願いしますよ」と事前にこっそり頼まれることがあります。そんな場合は、スピーカーの話にそれまで以上に関心を持とうと気合を入れ、必死に頭を整理しながらプレゼンを傾聴し、「こう質問したら周りの人にも役に立つかな」と考えながら、質問をひねり出したりもします。

仮に「今日は何でもいいですから、プレゼン終了後に必ず質問を1つしてください」と義務が課されていればどうでしょうか。「それ、さっき話しましたよ」と講演者から切り返されないようにするためにも、きっとものすごく集中して話を聴くはずです。

どれだけ聴衆がいる講演であっても、人の話を聴く時にこんな訓練のような気持ちで毎回聴いていたら、自然に「質問する力」も度胸もつくだろうと感じます。

この「質問する力」は、大勢の聴衆の前のみならず、組織内での打ち合わせや面接・面談、さらには友人と1対1の雑談などでも威力を発揮します。「質問」を投げかけることから相手への理解が深まりますし、何より人は、ただ漫然と相手の話を聴くだけよりも、質問されてそれに答えるなど、自分の話をするほうがずっと楽しいからです。

プレゼン授業で、子どもたちの目が輝いた質問力の話

私は企業研修や学校でのプレゼンテーション授業の一貫として「質問する力」についても講座を行っています。先日、授業をしたのは都内の公立中学校2年生たちでした。

プロジェクターでスライドを見せながら進めた授業風景を、ちょっとここで再現しながら、質問力について考えてみましょう。

~以下、授業風景~

例えば友人が、こんなトークをしたとします。

「先週末、映画を観に行きました」

質問といえば、その基本は「5W1H」。

When(いつ)先週末

What(何を)映画を観に行きました

いつ(When)、どこ(Where)、誰(Who)、何(What)、なぜ(Why)、どのように(How)といった「5W1Hのうち欠けているところを聞いてみる」というのが質問の基礎になります。

ここではすでに、WhenとWhatが話されていますので、WhereやWhoも質問してみようと考えるかもしれません。

「どこで?」――「新宿の映画館」

「誰が?」――「親と私」

さっとファクトに関する答えが返って来るだけで、「恋人と」のような話でもないと、それ以上にはなかなか話が広がりません。話がはずむために必要な質問は、話を広げたり掘り下げたりする視点です。

次ページまずは具体的な内容の掘り下げ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT