「撮り鉄」禁止だった時代の台湾鉄道の記憶

日本と台湾の「鉄」が築いた深いつながり

1970年代にはシェイのほか、旅客用列車としてはディーゼル機関車牽引の「光復号」やディーゼルカーによる観光特急「中興号」が阿里山まで運転されており、そのほかには各駅停車として、貨車と客車を連結した混合列車がほぼ1日を費やして運転されていた。

その後、阿里山へは立派な道路が建設され、鉄道は乗客のほとんどをマイカー、観光バスに奪われた。シェイは第一線を退いたが動態保存されており、ヒノキ製の木造客車を使った観光客用列車に用いられている。大井川鐵道や黒部峡谷鉄道との姉妹鉄道縁組も、日本、台湾双方からの集客の一環である。

鉄道撮影は禁止だったが…

今では日本から鉄道ファンが台湾を訪れるだけでなく、台湾にも多くの鉄道ファンがいる。しかし冒頭で述べたとおり、1970年代当時は原則として鉄道の撮影は禁止されていた。

ある時、筆者が鉄道沿線で列車を撮影していると、警官がやってきてフィルムを出せと迫ってきた。警官の横には密告者と思われる人物がにらみを利かせていた。が、警察官は取り出したフィルムの先を5cmほど引き出してカットし「これでいいです」と事なきを得た。密告者の手前の処置だという。警官も親日的な台湾人だったので「大岡裁き」をしてくれたのだと、ガイドの古仁栄さんは言った。

次ページ日台「鉄道ファンの絆」を築いた先人たち
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT