日経平均は今年も年末まで上昇を続けるのか

自然災害多発で国土強靭化が改めてテーマに

過去のデータで日経平均株価の動きの季節性を見ると、年末高の傾向が顕著に表れており、投資家の多くは「年末は株が上がる」とのイメージを抱いているのではないだろうか。例えば、第2次安倍政権が誕生した2012年から昨年までの7年間で見ると、9月末から大納会にかけての騰落は6勝1敗、ほとんどが年末高を演じており、唯一の例外が昨年の2018ということになる。

今年も注目された中間決算発表がほぼ一巡し、その結果は日本の上場企業の足元業績の厳しさを示すものとなった。しかし、米中貿易問題や中国や欧州の景気が減速するなか、多くの企業で業績が悪いことは織り込み済み。むしろ、ここが最悪期という、業績の底入れ観測から、業績見通しの下方修正を示した多くの企業で株価が上昇している。

景気に対する極端な悲観で売られすぎていた日本株の出遅れを見直す動きが年末高を演出することになりそうだ。

自然災害への警戒意識が高まる

業績の底入れから、今後の上向きを手がかりにする上昇相場では、市況回復の見通しが明らかになってきた。半導体関連や5G投資の本格化が強い追い風になる電子部品関連の企業などが物色の主役になりそうだ。ただ、これらのハイテク株に比べると地味な感じは否めないが、忘れてはならないのが、国土強靭化に絡む内需企業ではないだろうか。

日本はもともと地震が多い国であり、多くの台風が接近する国ではあるが、昨年は大阪北部地震に北海道胆振東部地震、西日本豪雨と近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号など、自然災害が相次いだ。

さらに、今年も九州北部豪雨や、千葉県中心に長期停電をもたらした台風15号、記録的な大雨によって東日本の多くの大河川で氾濫が相次いだ台風19号と、自然災害の恐ろしさをまざまざと見せつけられた。

地球温暖化も影響しているのか、集中豪雨や台風の形態や勢力は以前とは比較できないし、南海トラフ巨大地震や首都圏直下地震など大地震の可能性も決して消えてはいない。そして、今後起こりうる地震や津波、火山噴火、異常気象などの自然災害に対して平時から備えを行い、防災や減災を図ろうとする政府の主要施策の1つが国土強靭化である。

次ページ安倍首相が3年ぶりの経済対策を指示
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング