今では「二千円札」をすっかり見かけない背景

発行から20年余りで忘れゆく紙幣に…

筆者自身が街中で調べた感じでは、当初の予想より二千円札が使えるという印象だ。しかし、銀行のATMで二千円札を出金できないことから、これが二千円札が流通しない理由だと感じた。

かつて、サラリーマンは給料日に封筒に入った現金をもらったが、現在は口座振り込みとなり、必要な現金はATMで引き出すことがほとんどであろう。沖縄ではATMで当たり前のように二千円札が出てくるという。ATMで手にする機会が沖縄を除いてほとんどないことが、二千円札が全国的に流通しなかった主な原因といえる。

日本銀行はホームページで、「二千円券の流通促進に向けて」というページを設けている。そこで掲載しているリーフレット「日本銀行券 弐千円物語-もっと身近にご利用いただくために」は二千円札発行当時のものと思われ、そこで示されているデータは発行した2000年当時のものだ。本気で利用促進する気があるようには思えない。

二千円札は忘れゆくお札になってしまうのか?

2020年には東京オリンピックを機会に多くの外国人が訪日する。財務省・日本銀行は観光庁とともに英語版「Japanese small cultural property 2000Yen Note」というリーフレットを日本語版と共に出している。彼らが二千円札を手に入れる機会がどの程度あるかは不明だが、利用時にけげんな態度を取られるようなことがあれば、「おもてなし」の心に反するだろう。

2019年4月9日に 麻生太郎財務相は2024年度上期をメドに一万円、五千円、千円の新紙幣を発行すると発表した。これに二千円札は含まれなかった。現に二千円札は需要が少ないことから、2003年度(平成15年度)以降は製造されていない。二千円札は不遇なお札として歴史に残るのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT