日本企業が米国企業に絶対勝てない最大理由

トヨタを超えたい企業はサードドアを開け

『サードドア』も、アレックスが数々のビッグネームに会おうとして次々と失敗を重ねていきます。人の失敗というものは、同じような経験をした人でないと、つまらないことに見えてしまう。でも僕は、人間にとっても企業にとっても、いい製品やサービスを作っていくためのプロセスとして、失敗の積み重ねがなによりも重要だと考えています。

今は大学で指導していますが、残念ながら日本には、アレックスのような、失敗を恐れずに手を挙げる若者を育てる土壌がないように感じています。

アメリカは190以上の国から人が集まっています。つまり、190以上の文化が集まっているわけです。文化というのは排他性を持ち、ぶつかり合うことで、ある共通性を生み出していきます。このぶつかり合いが絶えずアメリカにはあり、誰にでも共通する普遍性、つまりアメリカ文明が生まれる土壌ができている。そこにビジネスチャンスがあるわけです。

だからこそ、スマホのようなものが生まれる。日本にはスマホを作る技術はあっても、ああいうものを商品化していく発想がありません。もともと固定電話がある世界で、あるものの改善はできても、新規の発想は難しい。いまだに「ソニーはいい」なんて言っているんですから。

そもそも日本人同士だと言葉がよく通じますから、違うものとぶつかることもないし、摩擦がない。しかし、まったく違うビジネスをやっている人が集まって議論するなど、異なった考え方や体験を持つ人と衝突していかなければ、啓発される部分は少ないんです。

やはり、日本人ももっと新しい体験をしたほうがいいですね。一度なにかを体験すると、別の新しい体験をしたくなるものです。僕自身がそうでした。なにかをやったことで、やっぱりこれもやらなければならないんだという、新たな課題が見えてくるんです。

課題設定能力。これがないと人間は前進できません。企業も同じです。先入観に凝り固まって、手を挙げなくなると、新しい発想もできなくなります。

人生はすべてに未来への意味がある

僕は、自分の人生において、高卒で26年間も働いた時代があったということに、全部意味があったと思っています。郵便局に入ったことも、組合の専従になり、左翼にかぶれたことも、政治活動に飛び込んだことにも意味があった。そういう体験がなければ、英語もできないのにアメリカへ行ってみようという発想は持てませんでしたから。

アメリカから帰ったあとは、1年間みっちり金融の猛勉強をしたんですよ。そうして体験が積み上げられたところに、また出会いが生まれて、なにかが発露し、新しい展開が広がった。92年に高橋亀吉賞をいただいたあとは、『週刊東洋経済』で原稿を書くようもなりましたし、そこから各出版社、新聞社から声をかけていただき、NHKなどにも出させていただいて、今の大学教授という職につながっています。

僕の受け持った学生にも、たまに冒険するのがいますよ。マレーシアやフィリピンのスラムへ、何週間も支援活動に行ったりするんです。そういう学生は割と伸びる傾向があるんですよ。自分の今の経験と違うものを重ねていくこと、それが、サードドア的人生ということだと僕は思っています。

(構成:泉美木蘭)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT