漫画祭が「反日の場」になってしまう不幸

韓国が進める慰安婦被害者事業にどう対処すべきか

そんなチョ氏の下で慰安被害者事業予算は、2013年度の19億6700万ウォンから2014年度は45億8700万ウォンまで2倍以上も増額された。

差別主義者のレッテル

自民党クールジャパン戦略推進特命委員会幹事長を務める片山さつき参院議員は、対抗策の必要性を訴える。「ヨーロッパ人が敏感に反応するホロコーストに慰安婦問題を重ね合わせている。それに異議を唱える日本人に差別主義者のレッテルを貼ろうとする狡猾なやり方だ」。

片山議員は旧大蔵官僚時代、フランスに留学した経験もあり、韓国の戦略の巧妙さに危機感を持つ。片山議員が懸念するのは、この動きが世界に広がること。上表のように、世界には多くの漫画展がある。「日本から正しい歴史を発信する必要がある。高い芸術性で人の心を打つ作品を作ることが大事だ」。

2014年度の国際広報予算は、内閣官房が15億円、外務省が国際拠出金を含めて約200億円。が、日本の広報は後手に回ることが多く、効果は薄い。片山議員は「中身を精査すべき。緊急の場合には補正で積み増せばいい」と主張する。

漫画祭が政治色に染まるのは不幸だが、日本も冷静な対抗措置を取らなければ、世界にバイアスの掛かった日本人観が広がってしまう可能性がある。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。