テスラCEO、アップルとの協議認める

アップルによる、買収の可能性は低いが・・

2月20日、米テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOがブルームバークテレビに対し、米アップルと協議の場を持ったことを認めた。カリフォルニア州ホーソーンで昨年6月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[デトロイト 20日 ロイター] -電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は20日、米アップルと協議の場を持ったことを認めた。ブルームバークテレビに対し、明らかにした。

イーロンCEOは協議の内容については明らかにしなかったものの、テスラが他の企業に買収される可能性は「非常に低い」と述べた。

米紙サンフランシスコ・クロニクルは今週、アップルが収益の多角化に向け自動車分野と医療機器に新たな成長の活路を求めており、アップルのM&A(合併・買収)責任者のエイドリアン・ペリカ氏が前年、テスラのマスクCEOと協議を行ったと報じていた。

イーロンCEOはブルームバークテレビの取材に対し、「競争力のある量産型の電気自動車の開発に集中し続ける必要がある」との立場を示し、「この目的からの逸脱につながるような買収に対しては、いかなる企業によるものであっても、懸念を覚える」と述べた。

米ナスダック市場上場のテスラ株は、20日午後の取引で前日終値比約9.5%高の212ドル近辺で推移している。

テスラが前日発表した第4・四半期決算は、一時項目を除いた利益が4600万ドル(1株当たり0.33ドル)となり、1株利益はアナリスト予想平均の0.21ドルを上回った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT