「結婚する派・しない派」のあまりに強烈な分断

正しさという名の下での「分断と対立」の構造

「正しいか正しくないか」が、いつの間にか個人の怒りや不快の感情の弁護人となっているのです。個人にとっての正しさは、全員の正しさではありません。歴史を見ても明らかなように、「正しさ」とは、極めて脆弱で主観的で、決して普遍的なものではなく、環境や事情が変われば、昨日の「正しさ」が今日は「正しくない」ものへと簡単に変わります。

そもそも「正しい」と「正しくない」の対立自体が本来は存在しません。「あなたの正しい」と対立するのは「別の誰かの正しい」でしかないのです。正義の争いには、立場の違いしかなくて、そこに絶対的正義なんてものは存在しないのです。

正義の名の下に、それ以外を駆逐するという行動の原理は、「正しいか正しくないか」ではなく、「感情」なんです。結局、あなたの怒りや不快な感情を正義という理論武装をして、その感情をもたらした敵をぶちのめして、安心を得ているにすぎません。これは「所属するコミュニティ」のもたらす光と闇でもあります。仲間意識は排除・差別意識と背中合わせなのです。

コミュニティの外に敵を作る

ところが、皮肉なことに、そうした排除すべき敵が一掃されても困るのです。コミュニティ内の仲間意識や絆を強化するのにいちばん手っ取り早いのは、コミュニティの外に敵を作ることです。敵がいることで、みんなが一致団結して協力できます。もし適当な敵がいなければ、仲間内から敵を捏造してでもつくり出し、これをみんなで攻撃排除することで仲間意識を醸成します。

二項対立には、正しいと正しくない、善と悪、好きと嫌い、ウチとソト、友と敵、美と醜、アリとナシ、新しいと古い……などたくさんありますが、いずれも後者がなければ前者は存在しえません。敵がいてはじめて友がつくれるし、古い物があるから新しい物に気づけるのです。

つまり人間とは、「安心したいから異質の相手をたたく」のではなく、「異質の相手をたたくことでしか安心を得られない」とも言えるのです。しかしそれは、本来、安心を得るための行動がいつしか互いに傷をつけ合う不毛な争いに陥ってしまうことを示唆します。

相手の持っている食べ物をただ奪い、その場で食することしか考えないのではなく、相手と食物の種を分かち、育てていく。そんな視点の多重化が必要です。

次ページ皆婚時代に戻ることはない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング