ドアが自動開閉、モーターショーの隠れた目玉

住宅とカギ共通化、スマホ1つで施解錠可能に

ユーシンの展示のもう1つの目玉は、電気式シフターのデモ機だ。ギアがどのポジションに入っているかを振動で感覚的に伝え、運転中に前方から目を離す回数を減らして安全性を高める。

振動を生み出す部品はミネベアミツミが、シフターはユーシンが開発した。ミネベアミツミ、ユーシン双方が持つ技術をうまく補完しあった好例だ。

ユーシン買収で付加価値向上のメリットは?

ユーシンは部品を自動車メーカーに直接納める、いわゆる「ティア1」(1次下請けメーカー)だ。ミネベアミツミにとってみれば、ユーシン買収によって、従来からミネベアミツミが得意とするベアリングやモーターなどの部品とユーシンの部品・製品を組み合わせ、付加価値を高めたうえで自動車メーカーに売り込めるメリットもある。

【2019年11月4日8時54分追記】一部表記を削除いたします。

ユーシンも、モーターなどの部品をミネベアミツミから仕入れればコストを下げられ、既存製品のカスタマイズも円滑に進められ、顧客からのニーズに対応しやすくなる。

ミネベアミツミは2029年3月期までに売上高2.5兆円(2020年3月期予想売上高の約2.5倍)、営業利益2500億円(同予想営業利益の約3.2倍)に増やし、そのうちの車載部品向けの売上高は早期に5000億円(同売上計画の約1.9倍)を掲げている。

これらの長期目標を実現させるには、まずは2023年以降に発売される新車への提案の採否がカギを握る。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。