中国人が日本人より離婚に踏み切りやすい事情

夫も妻も金銭面での制約条件が日本とは違う

日本でも「子供も手を離れたし」というフレーズはよく耳にします。でも、大抵の場合、奥さんは、旦那さんが退職するまでは辛抱する。だから、熟年離婚が増える。離婚に踏み切るきっかけは同じなのに、時期が違うのは、もちろん理由があります。

1つは、中国には退職金が存在しないこと。退職時にドカンともらうのではなく、退職後も給料をもらい続けるのが一般的なのです。だから、旦那さんの退職金狙いで定年まで辛抱する意味がない。

「男性から先に名刺交換」は危険  

もう1つ、中国では女性も働くのがデフォルトだということがあります。旦那さんの給料に頼らなくてもやっていける。基本的に男性が女性へ慰謝料を支払う習慣がないので、やっぱり辛抱する意味がない。耐えられなくなったら、早めに離婚してしまうほうが賢い、というわけです。

当然、女性もBATなどの一流企業に入れば、まったく同じ待遇を受けられる。鳳凰女という言葉がないだけです。日本の女性より生活力がある。

中国「草食セレブ」はなぜ日本が好きか(日経プレミアシリーズ)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

実は、この部分も、あまり日本人に理解されていない。年をとった人のほうが社会的地位は高いと考えるのと同様、女性より男性のほうが社会的地位は高いと考えてしまう。そんなことはありません。女性経営者として、ものすごく稼いでいる人がざらにいます。

ビジネスで日本を訪れた中国人の女性社長から、こんな言葉を聞いたことがあります。

「日本人って、なぜか私をスルーして、部下の男の子のほうと先に名刺交換しようとするのよ。あれはどうして?」

知らないとはいえ、やはり失礼なことをしている。

高い社会的地位につき、大金持ちの女性はたくさんいます。だから、日本に旅行で来たときも、平気で大きな買い物をするのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT