ソニー上位株主からサード・ポイントが外れる

四半期報告書で明らかに

2月18日、ソニーが提出した四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。写真は都内で5日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] -ソニー<6758.T>が提出した2013年10―12月期の四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。

昨年11月に提出した7―9月期の四半期報告書では、同9月末時点のサード・ポイントの保有比率は「Third Point Offshore Master FundL.P.」の名義で1.64%、第5位株主と記載されていた。約7%のソニー株を間接保有しているとされるサード・ポイントが正式に開示資料に登場したのはこの時が初めてだったが、次の四半期報告書で名称が消えたことになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT