ソニー上位株主からサード・ポイントが外れる

四半期報告書で明らかに

2月18日、ソニーが提出した四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。写真は都内で5日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] -ソニー<6758.T>が提出した2013年10―12月期の四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。

昨年11月に提出した7―9月期の四半期報告書では、同9月末時点のサード・ポイントの保有比率は「Third Point Offshore Master FundL.P.」の名義で1.64%、第5位株主と記載されていた。約7%のソニー株を間接保有しているとされるサード・ポイントが正式に開示資料に登場したのはこの時が初めてだったが、次の四半期報告書で名称が消えたことになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。