ソニー上位株主からサード・ポイントが外れる

四半期報告書で明らかに

2月18日、ソニーが提出した四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。写真は都内で5日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] -ソニー<6758.T>が提出した2013年10―12月期の四半期報告書によると、昨年12月末時点での上位株主10社から、米投資ファンドのサード・ポイントの名称が外れた。

昨年11月に提出した7―9月期の四半期報告書では、同9月末時点のサード・ポイントの保有比率は「Third Point Offshore Master FundL.P.」の名義で1.64%、第5位株主と記載されていた。約7%のソニー株を間接保有しているとされるサード・ポイントが正式に開示資料に登場したのはこの時が初めてだったが、次の四半期報告書で名称が消えたことになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • シリコンバレー起業日記
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。