副業に「飲食店経営」が絶対に無謀すぎる理由

「外国人観光客」相手にしたほうが勝機はある

家に盆栽がある、という人はあまり多くないかもしれない。盆栽というとよさがわからない、おっさんのもの、手入れが大変など、ネガティブなイメージを持つ人もいるだろう。それは仕方のないことだ。枝振りなどと言われても、評価基準がわからない。しかし、どれが好みかくらいはなんとなくわかるだろう。

そしてもっと大事なのは、好まれそうな盆栽を、育ててしまうことである。実は盆栽は今や海外で人気で、日本でよりも欧州などの海外で、あのワビサビの世界が評価されている。

海外で「盆栽」が人気な理由

その盆栽の一大産地が、埼玉だ。近頃、埼玉といえば次の一万円札の肖像に選ばれた渋沢栄一の出身地として、さらには映画『翔んで埼玉』の舞台として知られるが、実は盆栽のホームタウンとしてもその知名度を上げつつあるのだ。

『一流になりたければ2駅前で降りなさい』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

寄り道はさておき、盆栽がなぜ海外で人気なのかというと、その世界観、小さいのに“大木感”があるからだが、やはり育てるノウハウが海外にはないことが大きいだろう。つまり、クールな盆栽がほしければ、日本で育てられたものを買うしかないのである。

これは農作物一般にもいえることである。日本の米はうまい、日本のイチゴはうまい、日本のぶどうはうまい、日本のさくらんぼはうまい、日本のメロンはうまい、日本の枝豆はうまいと気が付いた人たちは、日本でそれらをふんだんに食べ、母国に帰ってからも渇望する。だから輸出ビジネスが潤うのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT