副業に「飲食店経営」が絶対に無謀すぎる理由 「外国人観光客」相手にしたほうが勝機はある

拡大
縮小

家に盆栽がある、という人はあまり多くないかもしれない。盆栽というとよさがわからない、おっさんのもの、手入れが大変など、ネガティブなイメージを持つ人もいるだろう。それは仕方のないことだ。枝振りなどと言われても、評価基準がわからない。しかし、どれが好みかくらいはなんとなくわかるだろう。

そしてもっと大事なのは、好まれそうな盆栽を、育ててしまうことである。実は盆栽は今や海外で人気で、日本でよりも欧州などの海外で、あのワビサビの世界が評価されている。

海外で「盆栽」が人気な理由

その盆栽の一大産地が、埼玉だ。近頃、埼玉といえば次の一万円札の肖像に選ばれた渋沢栄一の出身地として、さらには映画『翔んで埼玉』の舞台として知られるが、実は盆栽のホームタウンとしてもその知名度を上げつつあるのだ。

『一流になりたければ2駅前で降りなさい』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

寄り道はさておき、盆栽がなぜ海外で人気なのかというと、その世界観、小さいのに“大木感”があるからだが、やはり育てるノウハウが海外にはないことが大きいだろう。つまり、クールな盆栽がほしければ、日本で育てられたものを買うしかないのである。

これは農作物一般にもいえることである。日本の米はうまい、日本のイチゴはうまい、日本のぶどうはうまい、日本のさくらんぼはうまい、日本のメロンはうまい、日本の枝豆はうまいと気が付いた人たちは、日本でそれらをふんだんに食べ、母国に帰ってからも渇望する。だから輸出ビジネスが潤うのだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT