副業に「飲食店経営」が絶対に無謀すぎる理由

「外国人観光客」相手にしたほうが勝機はある

家に盆栽がある、という人はあまり多くないかもしれない。盆栽というとよさがわからない、おっさんのもの、手入れが大変など、ネガティブなイメージを持つ人もいるだろう。それは仕方のないことだ。枝振りなどと言われても、評価基準がわからない。しかし、どれが好みかくらいはなんとなくわかるだろう。

そしてもっと大事なのは、好まれそうな盆栽を、育ててしまうことである。実は盆栽は今や海外で人気で、日本でよりも欧州などの海外で、あのワビサビの世界が評価されている。

海外で「盆栽」が人気な理由

その盆栽の一大産地が、埼玉だ。近頃、埼玉といえば次の一万円札の肖像に選ばれた渋沢栄一の出身地として、さらには映画『翔んで埼玉』の舞台として知られるが、実は盆栽のホームタウンとしてもその知名度を上げつつあるのだ。

『一流になりたければ2駅前で降りなさい』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

寄り道はさておき、盆栽がなぜ海外で人気なのかというと、その世界観、小さいのに“大木感”があるからだが、やはり育てるノウハウが海外にはないことが大きいだろう。つまり、クールな盆栽がほしければ、日本で育てられたものを買うしかないのである。

これは農作物一般にもいえることである。日本の米はうまい、日本のイチゴはうまい、日本のぶどうはうまい、日本のさくらんぼはうまい、日本のメロンはうまい、日本の枝豆はうまいと気が付いた人たちは、日本でそれらをふんだんに食べ、母国に帰ってからも渇望する。だから輸出ビジネスが潤うのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT