大手私鉄に3セク、「台風19号」で鉄道が大打撃

ローカル線、不通長期化なら経営に懸念も

千曲川に崩落した上田電鉄別所線の橋=10月15日午前10時17分、長野県上田市(写真:共同通信)

台風19号はJR東日本の各線だけでなく、各地の私鉄や第3セクターの鉄道事業者にも大きな被害をもたらした。生活の足に多大な影響が及ぶのはもちろん、観光地を抱える路線では秋の行楽シーズンを前に観光客輸送にも打撃となるのは必至だ。

震災復興の象徴、三陸鉄道が被災

今年3月、JR山田線から釜石―宮古間の移管を受け、従来からの南リアス線・北リアス線と合わせて岩手県沿岸部を走る1本の新たな路線「リアス線」として新たなスタートを切った三陸鉄道。東日本大震災からの復興の象徴として語られてきた同鉄道は、今回の台風で大きな被害を受け、再び復旧が必要な状況に見舞われている。

旧JR山田線区間の織笠―岩手船越(ともに岩手県山田町)では、盛土が流出し線路が浮いた状態となった。旧山田線の区間は震災の被害で不通となり、今春8年ぶりに運行を再開したばかりだ。このほか、旧北リアス線の田老―久慈間も運行できなくなっている。

不通区間では土砂流入やのり面崩壊など複数の被害があり、復旧には数週間単位の時間がかかるとみられる。15日から盛―釜石間は通常通り、宮古―田老間は臨時ダイヤで運行が行われているが、釜石―宮古間、田老―久慈間は不通が続いており、代行バスが運行されている。

東北地方では、福島と宮城県の槻木を結ぶ阿武隈急行も被災した。あぶくま駅(宮城県丸森町)のホームが流出・損壊、同駅付近で路盤が流されたほか、富野―兜(ともに福島県伊達市)間でコンクリート擁壁が崩壊、兜―あぶくま間で線路に土砂が流入した。15日昼から福島―梁川間は運行を再開したが、梁川―槻木間の運行は当面見合わせるという。

次ページ千曲川流域の鉄道、新幹線以外も深刻被害
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。