ケータイ以上でPC未満 シャープ新型携帯端末の狙い


 液晶テレビなど数々の新市場を切り開いてきたシャープが、また「市場創造型」の新製品を打ち出した。9月25日に発売した新インターネット端末「Netwalker」である。

A6サイズと小型だが、無線LAN機能を搭載し、メールの送受信やネットの閲覧ができる。OSにLinuxベースの「Ubuntu」を採用することで起動時間はわずか3秒。バッテリー駆動も10時間の高耐久性を実現した。

シャープの携帯端末といえば、かつて「ザウルス」があった。一部の層に根強い人気があったが、結局、高機能化する携帯電話に市場を奪われた経緯がある。今回は、よりネットの操作性を強調。スマートフォンでネットを閲覧するには画面が小さく、一方ネットブックだと起動に時間がかかり、電池寿命も短い。「Net walker」は、この双方の課題解消を狙った。「携帯電話に続く2台目の端末として新需要を喚起したい」と、同社の松本雅史副社長は語る。

今年度は国内10万台の販売を計画。中国など海外展開も視野に入れ、年間100万台を目標に掲げる。主な購売層はITに敏感なビジネスマンを見込む。今後は女性や高齢者に向けた専用ソフトの開発など、利用者の裾野をいかに広げるかが普及のカギとなりそうだ。

(西澤佑介 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。