短時間で高収入の「副業」がジワリ広がる仕掛け

専門知識求む企業と人が出会う土台が整った

自分では普通で当たり前のことが誰かの役に立つことも(写真:NORi / PIXTA)

神奈川県に住む立花彰人さん(仮名、51歳)は、ある大手企業で管理職を務めている。彼は最近、インターネット上で専門的なノウハウを持った人と、それを求める会社をマッチングするサイトに登録した。本業以外で収入を得るのが目的だ。

登録するとマッチングサービスの運営会社からすぐに面談に呼ばれ、自分の関わりたい案件の希望を伝えておいた。すると2週間後には案件の紹介が来た。それは平日の終業後に1時間程度、電話で依頼者からの質問に回答するという内容で、報酬は2万円だった。

経験知識がお金に変わる

「質問に対して自分の専門知識を交えて答えるだけ。拍子抜けするくらい簡単でした」。立花さんはこう振り返る。もちろん、自分が勤めている会社の企業秘密を明かすようなことはなかったようだ。

自分の技術的な専門知識が社外でどれだけの「需要」があるのかを試してみたかったのが、立花さんが「副業」を始めた動機の1つではあったが、会社からの給料以外で初めて自分の力で稼いだ事実に大きな満足感を得たという。

昨年1月に正社員の時間外における兼業と副業を可能にする「兼業副業」の解禁が行われた(「副業・兼業の促進に関するガイドライン」パンフレット 平成30年1月、厚生労働省)。転職情報サイト「エン転職」を運営するエン・ジャパンが今年8月に発表した副業に関するアンケートによれば、回答者1万0207人のうち41%が「副業を希望している」と答えている。

次ページ副業希望者の間で、にわかに広がっているのが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT