FRBが0.25%利下げ、今後の道筋は明確に示さず

7対3で決定、金融政策のシグナルはまちまち

米連邦準備理事会(FRB)は17─18日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド金利の誘導目標を1.75─2.00%に25ベーシスポイント引き下げることを7対3で決定した。写真はワシントンのFRB本部。3月撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は17─18日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.75─2.00%に25ベーシスポイント(bp)引き下げることを7対3で決定した。利下げは前回7月に続き、今年に入ってから2回目。今後の金融政策の行方についてはまちまちのシグナルを発した。

FRBはFOMC声明で、米経済は引き続き緩やかなペースで成長を続けており、労働市場はなお力強いと表明。ただ、経済見通しに対する世界情勢による影響のほか、インフレ圧力が抑制されていることを踏まえ、利下げを決定したとした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT