ホンダ「Nシリーズ」の安全は何が進化したのか

N-BOXとインサイトの衝突実験で感じたこと

Nシリーズ安全取材会でのプレゼンテーションの様子(写真:ホンダ)

画像で確認できるように、今回の実験では衝突後も確かに生存空間はしっかり確保されているが、例えば乗員に加わる衝撃の強さなどはどう理解すべきなのか。加害性を左右するシート形状やピラー構造などにはどんな工夫が凝らされ現在に至ったのか。全高の高いN-BOXでは側方からの衝突、いわゆる側突時の横転防止策はどう考えているのか。2003年9月発売の「ライフ」から採用されたコンパティビリティ対応ボディは、なにが、どう、どれくらい進化して、現在のN-BOXがあるのか。そしてこの先は何を高めていくのか、または高めていかなければならないのかなど、ここでも疑問は尽きない。

ミニバンやSUVだとどうなるのか

また、普通乗用車であるインサイトに対する衝突後の解説が一切なかった点も残念。Nシリーズ安全取材会なので軽自動車が主役であることは承知しているものの、コンパティビリティ対応ボディはN-BOXとインサイトの両車に通ずる設計思想であり、また両車の相乗効果で今回の結果が双方に得られている。よって、その点を現場にいた担当者にズバリ伺ったものの回答は得られなかった。

ホンダの実験施設なので取材の場としての実現は難しいかもしれないが、他メーカー車両との衝突ではどんな結果になるのか? さらには販売台数の多いミニバンやSUVは車両重量がかさみ重心位置が高い傾向にあるが、それらとの衝突ではどんな結果になるのかなど、これらついてはわれわれメディア側だけでなく、Nシリーズの購入を検討されているお客様にとっても知りたい情報の1つではないかと思える。

*******

【筆者追記】今後の要望としてはその筆頭に、ホンダが誇る歩行者ダミーPOLARⅢを用いた人対車両の衝突実験の取材が挙げられます。「死亡事故の類型トップ」である人対車両の事故に対して、技術者への取材を踏まえて知見を高め、今後この場でまたリポートしたいと思います。

またホンダらしさで言えば、世界初の市販車用二輪車エアバッグを搭載した大型二輪車「ゴールドウイング」のエアバッグについても言及されることがあれば、二輪/四輪/汎用メーカーらしさがさらに助長されるのではないかと考えています。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。