話がまとまる「会議で絵を描く」グラレコの凄み

最近よく聞くグラフィックレコードの基本

ホワイトボードに発言者の似顔絵と名前、意見を描いてみましょう。

権力者の似顔絵もその声も、出席メンバーと同じ大きさにするのがポイントです。すると、少なくともホワイトボード上では、社内でのパワーバランスは消え、フラットな状態が生まれます。たったこれだけのことですが、それまであった権力者に対する遠慮や忖度の度合いは下がるというのは感覚的にも理解できるのではないでしょうか。

描ける範囲でホワイトボードに参加者の似顔絵を描いてみましょう。あるのとないのとでは、参加者のボードに対する注目度が大きく変わります

発言していない人の積極性が高まる

グラレコのメリット3:出席者の発言が増え、組織の潜在能力を引き出せる

ほかにも、発言者とその意見をホワイトボードに見える化することの効果としては、意見が活発に出るようになることがあげられます。誰がどのような意見を言っているかが一目瞭然になります。

人間の自然な心理として、まだ発言をしていない人の積極性が高まります。また、会議などにおいては、引っ込み思案な人や、考えをまとめることが得意ではない人の意見は反映されないことが多いと思います。

そんなときは断片的にでも情報を拾い上げてホワイトボードに見える化してみてください。貴重な解決の糸口やアイデアのヒントがそこに眠っているかもしれません。これまで黙殺されていた「声」を拾い上げるという意味で、組織の潜在的な問題解決能力を引き出しているともいえるのです。

10人参加しても、特定の人しか発言をしなければ、会議を開く意味もなくなります。いつもなら出なかった意見が出るようになることで、議論が活発化し、新しいアイデアやモチベーションが生まれるようになります
グラレコのメリット4:会議が自然と盛り上がる

最近では、出席者全員がノートパソコンを開いてモニターを見つめながら会議をする光景が当たり前になってきました。本来向き合わなければならない相手の顔やホワイトボードを無視していては、会議は当然盛り上がりません。出席者の当事者意識も薄れますし、場合によっては個々の独善的な解釈を加速させかねません。これでは、意見が出ない、あるいは意見がまとまらない会議になります。

そこでグラレコを使って、ホワイトボードに目を向けさせるのです。視覚情報の伝達力の強さを利用するのです。また、グラフィックレコードはある種のパフォーマンスの側面があります。いつもとは違った楽しげでカラフルな板書は、出席者の目を集めるはずです。

次ページメリット5つ目は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。