「DS3クロスバック」は走りも姿形も個性的だ

プジョーシトロエンの小型SUVは何が新しい?

シトロエンの考えを最も色濃く受け継いだDS3クロスバックのよさとは(写真:LEON編集部)

女の子に「このクルマなに?」と訊かれそうなのが、「DS3クロスバック」だ。フランスのブランドで、プジョー・シトロエン・グループの中で最高級に位置する。日本には、2019年6月に導入された。

シトロエン? いいえ、DSです!

DS3クロスバックのおもしろさは、なににもまして、エクステリアとインテリアのデザインだ。ひとことで言うと、ほかに似ているクルマがない。個性こそ、DSのベースブランドであるシトロエンが戦前から大事にしてきたもの。その考えを最も色濃く受け継いでいるのだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

DS3クロスバックのよさは、もうひとつ、走りにある。日本に導入されるのは1199ccの3気筒ガソリンエンジン車だ。96kW(130ps)の最高出力と、230Nmの最大トルクは、1.2トンの車体に充分以上で、加速が意外なほど気持ちいい。

DS3クロスバックの基本プラットフォームは、プジョー・シトロエン・グループにとって、今後のEV戦略のためにたいへん重要な役割をになう新開発のものだ。

欧州ではすでにプラットフォームを共用する新型プジョー208が発表されていて、とりわけ目玉車種はEV(電気自動車)である。

日本でのDS3クロスバックは、さきに触れたように、ガソリンエンジンのみだが、将来的には欧州と同様「E-TENSE」なるEVバージョンも追加発売されるかもしれない。

次ページ全長4120ミリしかないのに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT