「DS3クロスバック」は走りも姿形も個性的だ

プジョーシトロエンの小型SUVは何が新しい?

シトロエンの考えを最も色濃く受け継いだDS3クロスバックのよさとは(写真:LEON編集部)

女の子に「このクルマなに?」と訊かれそうなのが、「DS3クロスバック」だ。フランスのブランドで、プジョー・シトロエン・グループの中で最高級に位置する。日本には、2019年6月に導入された。

シトロエン? いいえ、DSです!

DS3クロスバックのおもしろさは、なににもまして、エクステリアとインテリアのデザインだ。ひとことで言うと、ほかに似ているクルマがない。個性こそ、DSのベースブランドであるシトロエンが戦前から大事にしてきたもの。その考えを最も色濃く受け継いでいるのだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

DS3クロスバックのよさは、もうひとつ、走りにある。日本に導入されるのは1199ccの3気筒ガソリンエンジン車だ。96kW(130ps)の最高出力と、230Nmの最大トルクは、1.2トンの車体に充分以上で、加速が意外なほど気持ちいい。

DS3クロスバックの基本プラットフォームは、プジョー・シトロエン・グループにとって、今後のEV戦略のためにたいへん重要な役割をになう新開発のものだ。

欧州ではすでにプラットフォームを共用する新型プジョー208が発表されていて、とりわけ目玉車種はEV(電気自動車)である。

日本でのDS3クロスバックは、さきに触れたように、ガソリンエンジンのみだが、将来的には欧州と同様「E-TENSE」なるEVバージョンも追加発売されるかもしれない。

次ページ全長4120ミリしかないのに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT