「DS3クロスバック」は走りも姿形も個性的だ

プジョーシトロエンの小型SUVは何が新しい?

シトロエンの考えを最も色濃く受け継いだDS3クロスバックのよさとは(写真:LEON編集部)

女の子に「このクルマなに?」と訊かれそうなのが、「DS3クロスバック」だ。フランスのブランドで、プジョー・シトロエン・グループの中で最高級に位置する。日本には、2019年6月に導入された。

シトロエン? いいえ、DSです!

DS3クロスバックのおもしろさは、なににもまして、エクステリアとインテリアのデザインだ。ひとことで言うと、ほかに似ているクルマがない。個性こそ、DSのベースブランドであるシトロエンが戦前から大事にしてきたもの。その考えを最も色濃く受け継いでいるのだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

DS3クロスバックのよさは、もうひとつ、走りにある。日本に導入されるのは1199ccの3気筒ガソリンエンジン車だ。96kW(130ps)の最高出力と、230Nmの最大トルクは、1.2トンの車体に充分以上で、加速が意外なほど気持ちいい。

DS3クロスバックの基本プラットフォームは、プジョー・シトロエン・グループにとって、今後のEV戦略のためにたいへん重要な役割をになう新開発のものだ。

欧州ではすでにプラットフォームを共用する新型プジョー208が発表されていて、とりわけ目玉車種はEV(電気自動車)である。

日本でのDS3クロスバックは、さきに触れたように、ガソリンエンジンのみだが、将来的には欧州と同様「E-TENSE」なるEVバージョンも追加発売されるかもしれない。

次ページ全長4120ミリしかないのに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。