「DS3クロスバック」は走りも姿形も個性的だ

プジョーシトロエンの小型SUVは何が新しい?

エクステアリアの個性については、前述のとおりで、一目で”このクルマ違う”と感じるだろう。独特の輪郭を持つヘッドランプもさることながら、センターピラー(前後ドアのあいだ)のところで、ボディパネルが上に飛び出したスタイルになっている。

この「逆シャークフィン」などと呼ばれるパネルに機能上の働きはないけれど、2ドアのDS3(2009年)で用いられているモチーフを、4ドアのDS3であるこのモデルにも採用したのだろう。その点では、DS3のアイデンティティを明確にするという機能はある。

どこまでも自由にこだわり抜いたデザイン

それ以上にテクノロジーの使い方に個性があり、クルマに乗りこむ前から、一端を味わうことになる。代表的なものが、ドアのアウターハンドルだ。

キー保持者がクルマに近づくと格納されているドアを開くためのハンドルバーがポップアップ(写真:LEON編集部)

「プロキシミティキー」と呼ばれるリモコンキーと連動していて、キー保持者がクルマに近づくと格納されているドアを開くためのハンドルバーがポップアップする。

他愛ない技術といえばそれまでだけれど、同乗者はけっこう喜んでくれそうだ。しかもオーナードライバーにとっては、クルマとの距離感が身近になる感覚を与えてくれる。クルマが自分を迎え入れてくれるようなパーソナル感があるせいだ。

乗り込んだら、もうひとつの驚きが待っている。ダッシュボードまわりのデザインに凝りまくっている。ダイヤモンドをモチーフにしているそうで、あらゆるところに菱形のパターンが使われているのだ。

「Grand Chic」のダッシュボード(写真は「ブロンズファブリック」)(写真:LEON編集部)

とりわけ目を惹くのは、パネルの素材感を強調したセンターパネルである。筒を割って取り付けたような表面に、「ブロンズファブリック」という金糸が織り込まれてみえる独特の風合いのファブリックが張られている仕様「バスティーユ」など、よくぞここまでデザインにこだわったものだ、と感心してしまう。

スイッチ類の表面処理も菱形のパターンが配されている。暗闇で乗りこむと、センターダッシュボード上に菱形のエンジンスターターボタンが、息づくようにゆっくりと明滅を繰り返しているなど、クルマとひととの距離感を見直そうという、このモデルのコンセプト立案者の発想ににやりとさせられる。

次ページ全長は4.1メートルであるのに対して…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。