家庭内の会話でバレる!「人間関係が下手」な人

親子関係をよくする「聞き上手」10のポイント

●結論優先

とくに男性に多いのですが、子どもの話をじっくり聞くことができず、すぐに結果や結論を知りたがる人がいます。そして、「要するに何を言いたいの?」「結局どうなったの?」「結論を言ってよ」「それであなたは、いったいどうしたいの?」などと言ってしまいます。でも、これだと子どもはかえって話しづらくなってしまいます。というのも、大人のように論理的に話せる子は少ないからです。

●否定する

例えば、子どもが「疲れた。宿題やりたくない」と言ったとします。こういうことを聞いて冷静でいられる親は少なく、「わがまま言ってないで。ちゃんとやらなきゃダメ」と言ってしまいがちです。これは相手の気持ちを門前払いして否定する言葉です。これだと、相手は「この人に本音を言えば叱られる」と感じて、本音で話さなくなります。

●詰問する

自分が知りたいことを、根掘り葉掘り聞き出さないと気が済まない人がいます。例えば、「それはいつの話? 誰と誰がいたの? 誰がやり始めたの? その後どうしたの?」などとしつこく聞いてしまう人です。あまりしつこく詰問されると、子どももうんざりして「なんでそんなことまで聞くの?ママには関係ないじゃん」と言いたくなります。

●いきなり励ましとアドバイスをする

例えば、子どもが「もう部活やめたい」と言ったとします。それを聞いた親は大抵やめさせたくないので、「もうすぐレギュラーだよ。今まで頑張ってきたんだから、もうちょっと頑張ってみよう」と励ましたり、「嫌なことがあったら、夕日に向かって『バカヤロー』って言ってごらん。すっきりするよ」などとアドバイスしたりしてしまいます。

もちろん、親はよかれと思って励ましとアドバイスをするのです。でも、話をろくに聞いてもらえないまま、いきなり励ましとアドバイスをされると、子どもは「そんな簡単なことじゃないんだよ。私がどんなに大変か、ちっともわかってくれないね。なんで話を聞いてくれないの?もういいよ」となってしまいます。

「聞き上手」になるための10のポイント

以上、下手な聞き方を7つ挙げました。次に、上手な聞き方を10個挙げます。長年小学校の教員などをしてきた経験から、自信をもっておすすめできる方法です。

●一会入魂

子どもの話を「ながら聞き」するのではなく、その一期一会に魂を込めるくらいの気持ちで臨むことが大切です。そのためには、まず自分がやっていることの手を止めましょう。そして、誠心誠意、耳を傾けて聞きます。子どもと共にいられる「今・ここ」を大切にしましょう。

次ページ子どもは大人を見上げて話さなくてはならない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT