米フォーエバー21、ついに破産申請を準備

資金を貸す可能性がある相手との交渉難航

 8月28日、米カジュアル衣料のFOREVER21(フォーエバー21)は、破産法の適用申請の準備を進めている。ブルームバーグが、複数の関係者の話として伝えた。写真はフォーエバー21の店舗。ニューヨークで2013年8月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[28日 ロイター] - 米カジュアル衣料のFOREVER21(フォーエバー21)は、破産法の適用申請の準備を進めている。ブルームバーグが28日、複数の関係者の話として伝えた。

ブルームバーグによると、同社は追加の資金調達のために交渉を行い、債務再編に向けてアドバイザーのチームと取り組んできた。ただ、資金の貸し手となる可能性のある相手との交渉は行き詰まっている。

破産を回避するためぎりぎりのところで合意できる可能性は残っているが、連邦破産法11条の適用申請に向けたつなぎ融資(DIPファイナンス)の確保に焦点が移っているという。

同社はコメントに応じていない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。