米フォーエバー21、ついに破産申請を準備

資金を貸す可能性がある相手との交渉難航

 8月28日、米カジュアル衣料のFOREVER21(フォーエバー21)は、破産法の適用申請の準備を進めている。ブルームバーグが、複数の関係者の話として伝えた。写真はフォーエバー21の店舗。ニューヨークで2013年8月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[28日 ロイター] - 米カジュアル衣料のFOREVER21(フォーエバー21)は、破産法の適用申請の準備を進めている。ブルームバーグが28日、複数の関係者の話として伝えた。

ブルームバーグによると、同社は追加の資金調達のために交渉を行い、債務再編に向けてアドバイザーのチームと取り組んできた。ただ、資金の貸し手となる可能性のある相手との交渉は行き詰まっている。

破産を回避するためぎりぎりのところで合意できる可能性は残っているが、連邦破産法11条の適用申請に向けたつなぎ融資(DIPファイナンス)の確保に焦点が移っているという。

同社はコメントに応じていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT