27日の日経平均は反発、円高への警戒感残る

一時250円超の上げ幅、その後は戻り待ち売り

 8月27日、東京株式市場で日経平均は反発した。米中協議の進展期待の高まりや、外為市場のドル高/円安を好感し、朝方から輸出関連株を中心に幅広く買われた。写真は5月に都内の株価ボード前で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発した。米中協議の進展期待の高まりや、外為市場のドル高/円安を好感し、朝方から輸出関連株を中心に幅広く買われた。一時250円を超える上げ幅となったが、前日の取引で23日の水準から急激に下げたこともあり、午後にかけて戻り待ちの売りも出やすかった。トランプ米大統領の貿易に関する発言には懐疑的な見方も出ていた。

トランプ米大統領が通商協議を再開する方針を表明したことで不安感が後退。26日の米国株主要3指数がそろって上昇した流れを引き継ぎ、東京市場では朝方から買いが先行した。

日米の貿易交渉が基本合意したことを受け、トランプ大統領が日本車への追加関税を考えていないとの意見を表明したことも注目され、トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>、SUBARU<7270.T>といった自動車株が物色された。急落していたフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)<.SOX>が反転し、東京エレクトロン<8035.T>など半導体関連株が上昇するなど、プラス材料が多かったことも、堅調な地合いに結びついた。

一方、トランプ大統領の貿易に関する発言については「自作自演な部分が大きく、市場は依然として懐疑的」(ニッセイ基礎研究所のチーフ株式ストラテジスト、井出真吾氏)との声も出ていた。中期的に円高が進行する警戒感も残っている。午後にかけてドル/円が105円半ばへじり安となり、やや上げ幅を縮小した。

TOPIXは反発。東証33業種は保険業、水産農林を除く31業種が上昇。ゴム製品、その他製品、情報・通信などが値上がり率上位に入った。

個別では、曙ブレーキ工業<7238.T>が反発し、東証1部で値上がり率1位となった。同社は26日、元日本電産常務執行役員の宮地康弘氏が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する人事を発表。新体制の発足で経営の変化に対する期待から買いが入った。

東証1部の騰落数は、値上がりが1480銘柄に対し、値下がりが556銘柄、変わらずが114銘柄だった。

 

日経平均<.N225>

終値      20456.08+195.04

寄り付き    20467.22

安値/高値   20439.92─20529.94

 

TOPIX<.TOPX>

終値      1489.69 +11.66

寄り付き    1491.72

安値/高値   1488.40─1494.90

 

東証出来高(万株) 104296

東証売買代金(億円) 17695.66

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。