北極へ挑む男、41歳荻田泰永の過酷な冒険の価値

1回に1000万円をかけ、極地への極限の冒険

2016年より、荻田にカメラの機材提供という形でサポートをしてきたパナソニックは、2018年の南極点挑戦の際には、それまでの機材サポートに加えて、別の形で荻田をサポートした。その理由について、マーケティング担当の岡康之氏は以下のように話す。

帰国した際の報告会で話す荻田氏(筆者撮影)

「どうやったら、きちんと荻田さんを応援できるかを考えていました。ちょうどその頃、私が担当したカメラのグローバルマーケティング用の広告企画があって、そこに荻田さんをキャスティングすれば、広告出演料の形できちんとお金を支払うことができると考えました。

もちろん、それが会社にとっても、いい形になるのではないかと考えてのことでした」

この例のように世の中には、荻田の利用価値を考え、正しく活用しようとする人がいる。それが、荻田の冒険にお金が集まる理由なのだ。

自己満足を追い求めてたどり着いた境地

すでにこの地球上に、未開の地・未踏の地はないと言われて久しい。それでも人間は、冒険をやめようとはしない。そこには、「見たい、知りたい」「できるようになりたい」といった人間の持つ根源的な欲求があるからだろう。

「冒険なんて、自己満足以外の何物でもないですよ。すべて自分のためです。でも自己満足がゴールではなく、そこからが新たなスタート。自己満足で得た力を、ほかの誰かのために使えば、新たな価値を生み出せるはずです」

12人の若者を連れて北極圏を歩く荻田泰永氏(写真:荻田泰永氏提供)

荻田は、2019年4月から5月にかけて、「北極の大自然を歩くという行為の中には、極めて普遍的なものがある。

それを社会に持ち帰って活躍してほしい」という意図のもと、20代の若者12人を連れて北極圏600キロを歩く「北極圏を目指す冒険ウォーク2019」を敢行した。

そして、結果的に、この冒険でも、合計で約1000万円の資金が集まった。

確かに、冒険家にとって、冒険は単なる自己満足なのかもしれない。だが、コロンブスの航海に代表される大航海時代も、欧州諸国が未知の地を目指した際も、その冒険を支援したのは、各国の王室や東インド会社などに象徴される組織であった。歴史を振り返れば、いつの時代も、冒険家の自己満足を活用する組織・社会が存在してきたのだ。

先の「北極圏を目指す冒険ウォーク2019」の報告会で、荻田は、2021年に北極点無補給単独徒歩に再挑戦することを明言した。この冒険を、組織や社会はどのように生かそうとするのだろうか。荻田自身が自己満足で得た力を社会へ生かそうとする次の冒険は、もう始まっている。

(文中敬称略)

荻田泰永(おぎた やすなが)プロフィール
1977年9月1日生まれ。神奈川県愛川町出身、在住。カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年より2019年までの20年間に16回の北極行を経験し、北極圏各地およそ10000km以上移動。世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。2016年、カナダ最北の村グリスフィヨルド〜グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)。2018年1月5日(現地時間)、南極点無補給単独徒歩到達に成功(日本人初)。2018年2月に2017「植村直己冒険賞」受賞。著書に『北極男』講談社(2013年11月)、『考える脚』KADOKAWA(2019年3月)がある。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。