今期最高益、絶好調KDDIに死角はないのか

ドコモのiPhone参入も何のその

「かなり影響があるとみていたが、なんとか乗り切っていい流れになっている」

決算を発表する田中社長

KDDIの田中孝司社長はこう語った。NTTドコモが昨年9月にiPhoneの取り扱いを開始し、その影響に注目が集まったKDDIの2013年4~12月期(第3四半期)決算発表。売上高は前年同期比17%増の3兆1798億円、営業利益も同34%増の5332億円と過去最高となった。

好調な業績を受けて、同社は通期の業績予想を上方修正した。売上高は従来予想から1400億円増の4兆2800億円、営業利益も300億円増の6600億円とし、通期でも最高益を更新する見通しだ。契約純増数についても、これまでは、前期比30万件減少の230万件の計画だったが、10万件増の270万件に上積みした。

スマートバリューが牽引

今期もユーザー開拓の軸となったのは、スマホと固定回線のセット割引「スマートバリュー」だ。従来型の携帯電話からスマートフォンへの買い替えが進んだことや、高単価なLTE契約が増加したことで、モバイルの通信料収入は前年同期比で722億円増加した。

固定回線の通信料収入も238億円増加している。また、昨年4月に連結化したケーブルテレビ大手、ジュピターテレコム(以下、J:COM)の売上高2630億円、営業利益504億円も上乗せされた。スマホの拡販に伴い、端末の調達費用や販売手数料、J:COM連結による費用などで営業費用は3300億円ほど増加したが、これを通信収入の増加で軽々と吸収した。

12月までの契約純増数は191万件、ソフトバンクの228万件には及ばないが、通信モジュール(フォトフレームや子供向けブザー付き携帯など)を除いたベースでは業界トップ。解約率も0.71%と業界最低水準で推移している。こちらも固定回線とのセットであるスマートバリューが効いているようだ。1契約あたりの平均月間収入(ARPU)についても、音声通話の減少の影響で減少傾向にあるが、予想を上回る結果となった。1月の販売実績についても好調が続いているという。

ただ安心はできない。次の焦点は、最大の稼ぎ時である3月商戦。KDDIは来期の成長を見据え、先行コストをかけて積極的にユーザーの獲得に動きそうだ。田中社長は「適切なキャッシュバックをやっていきたい」と説明する。

KDDIが動けば、当然ドコモ、ソフトバンクも同じようにコストをかけてユーザー獲得を狙ってくるのは間違いない。業績を上方修正したとはいえ、年度末は厳しい戦いになる可能性もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。