「メルカリとヤフオク」利用目的の決定的な違い

不用品を売るのは同じでも似て非なるもの

しかし、メルカリには競争心や「高く売りたい」気持ちよりも、「共感できる人に売りたい」「安心・納得して買いたい」というユーザーが集まっています。対照的にヤフオクは、できるだけ高く売りたい側と、できるだけ安く買いたい側、どちらも競争心がポイントになっています。これはそのまま、「女性的な」メルカリ、「男性的な」ヤフオクという対比として見ることもできるでしょう。

「お下がり」のメルカリ、「競り」のヤフオク

あらためて、メルカリとヤフオクを1つのポジショニングマップ上に描いてみますと、縦軸に「共感」「競う」という対比を、横軸に「できるだけ高く売りたい」「捨てずに活かしたい」という対比をとることで、1つのマップ上に整理することができます。

(出所)『なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか?』(光文社新書)

メルカリには「お下がり」に、ヤフオクは「競り」にルーツがある、という大胆な仮説が立てられます。テクノロジーの進化によって生まれた2つのサービスですが、そこには意外にも温故知新の精神が潜んでいるのではないでしょうか。

昨今のシェアリングエコノミーの隆盛を待たなくても、日本には古くからシェアが根付いていました。それが「お下がり」です。日本人はこれまで長い間、「捨てるのはもったいないから」と、親しい関係にある誰かに譲ることでモノを活かすという習慣とともにあったのです。

メルカリの小泉文明社長は、「われわれのマーケットプレイスのキーワードは、『「捨てる」をなくす』です」と述べています。なぜ「『捨てる』をなくす」というキーワードが、ここまで日本人の心に響いたのか。仮説ではありますが、現代版「お下がり」というメルカリのポジショニングが、日本人のDNAに訴えたからではないか。私にはそう思えてなりません。

一方で、ヤフオクは、端的に「競り」を思わせます。身近なところでは「せどり」があります。せどりとは、古書や中古DVDなどを安く仕入れて高く転売し、その差額を利益とするもの。せどりで稼いでいる人の多くが男性で、そのかなりがプロ化しています。典型は、ブックオフなどの中古ショップで値付けが甘い品を仕入れて、それをアマゾンマーケットプレイスやヤフオクで高く販売する、という手法。そこには「できるだけ安く仕入れ、できるだけ高く売る」というゲーム性、そして競い合うことや「競り」を見ることができます。

次ページメルカリが影響を与えた7つの変化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT