西武101系、走り続ける「黄色い電車」の元祖

誕生から50年、色とりどりの40両が今も現役

101系は、山岳路線の西武秩父線から都市部のラッシュ輸送まで対応できる車両として開発。台車や強力なモーター、従来車両から一新したブレーキシステムなどはのちの車両にも受け継がれ、一時期の西武のスタンダードとなった。

「ニューレッドアロー」10000系や、西武秩父線を走るボックスシートの白い車両4000系、レストラン列車「52席の至福」も、101系と同じ制御装置や台車を使っている。「主制御器などもそのまま流用しているので、その部分のメンテナンスは同じです」。101系を知ることは、西武の電車を知ることだったのだ。

101系で磨いた技術

基礎を学ぶのに適しているのは、「メカ的なところが多いから」と三島さんはいう。機器類がブラックボックス化し、ふたを開けても「プリント基板の集合体のよう」な最近の車両と比べ、101系は心臓部といえる主制御器に数多くの電気接点があるなど、目に見える機構部分が多い。

「メンテナンスの係員としては(定期検査で)3カ月に1回は機器のふたを開けるわけです。すると、機器の状態がどう変化しているかが見て取れるんです。摩耗の具合に個体差があるとか、接点の動きがちょっと悪いなとか、そういうのを肌で感じられるんですね」。故障の原因なども追いやすいといい、新人が先輩から車両整備の「勘所」を伝えるのに適しているのだ。

現在は車両事務所長として、制御装置の更新や列車無線の交換などの改造や設計に携わる三島さん。その技術を磨いたのは、やはり101系だった。

次ページ101系から得た貴重な経験
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT