1日「たった4分」の運動で身体能力が若返るワケ

血糖値も肝機能も改善する!

そして、その際に重要なのが、BDNF(brain-derived neurotrophic factor、脳由来神経栄養因子)と呼ばれる、脳細胞の増加や成長を促すタンパク質です。

医学の世界では、運動がBDNFの産生を促進することはすでに知られていたのですが、2015年に発表されたラットを使った研究で、ジョギングのような中等度の持続的運動よりもHIITのほうが脳内のBDNFを増加させるという結果が得られました。

2018年に報告されたラットを用いた別の研究では、HIITをさせることで認知機能や記憶に重要な脳の海馬におけるBDNFの産生が高まることがわかりました。

人の場合は血液中のBDNFを調べる方法が取られています。その結果、HIITを行うことで血清BDNF濃度が上昇することが確認されています。

さらに、別の研究では、たった1回のHIITでも血清中のBDNFが増えることが示されており、実際に認知機能を評価するさまざまな研究からもHIITが認知機能の向上に役立つ可能性が示唆されています。

世界の医学論文で健康効果が立証された最新の運動法

このほかにも、高血圧を改善する、善玉と悪玉コレステロールのバランスを整える、代謝に関わる多くの遺伝子情報の発現においてもプラスに働くなど、さまざまな健康増進効果があることがわかっています。

HIITは、世界の医学論文で健康効果が立証された最新の運動法であり、今や病気を患った人のリハビリや体力の落ちた高齢者にも使われているほど安全です。

『世界一効率がいい 最高の運動』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もちろん、運動自体を制限されている方は医師に相談する必要がありますが、近年のHIITの安全性を示す多くの研究結果を踏まえると、「ほかの運動と比べて、HIITがとくに危険ということはない」と考えられます。

「キツすぎて、自分には無理そう……」と心配する方もいるかもしれませんが、ご安心ください。私がオススメするHIITは、プロアスリートのトレーニングのように極限までの負荷をかけるもの(オールアウト。タバタ式などはこれに含まれる)ではなく、最大心拍数の7~8割の負荷をかけるトレーニングなので、ふだん運動不足の方でもチャレンジできます。

極限までの負荷が「最高にキツイ」「非常にキツイ」と感じるものだとすれば、7~8割の負荷では「キツイ」「ややキツイ」といった体感レベルです。もちろん、7~8割の負荷であっても十分に効果が出ます。

本当に短時間で済む効率のいいトレーニングですから、日ごろ運動習慣のない人ほどトライしやすいでしょう。ぜひ取り入れてみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT