新型「MAZDA3」乗ってわかった最新進化の実力

加速感や乗り心地はどのように進化したのか

乗り心地についても興味津々であった。MAZDA3に採用された新しい車両構造技術であるスカイアクティブ ビークル アーキテクチャーは、専用開発タイヤを用いてバネ下(タイヤ)からバネ上に伝わる力の波形を滑らかにして衝撃を緩和し、そのタイヤから伝わる力の方向をぶらさずに単純化して制御しやすくしながら、4輪で対角する剛性変動を抑えることで対角での遅れをなくすことを目標にした。

その実現のためMAZDA3では、バネ上と一体で動き身体との密着性を高めたシートの開発や、遅れなく力を伝達するボディの開発、そしてバネ下からの入力を滑らかにするシャーシの開発を行ってきた。つまり、あらゆる路面状況が考えられる公道で4輪の高い接地性能を確保しつつ、最良の乗り心地となるよう設計されているわけだ。

SKYACTIV-X搭載モデルは今秋以降発売へ

2017年のプロトタイプ試乗会では、荒れた路面での走行に加えて路面に5m間隔で突起物を設けスカイアクティブ ビークル アーキテクチャーが謳う専用開発タイヤやダンパー、そしてボディによる減衰、さらにはサスペンションの収束性能を体感するエリアがあったのだが、今回の試乗コースであるテストコースではきれいに舗装された路面ばかりで、持てる性能うち半分も体感できなかったのは残念……。

ハッチバックのMAZDA3の後ろ姿(筆者撮影)

2018年夏に小変更を行ったコンパクトSUVである「CX-3」やセダン&ステーションワゴンの「アテンザ」では、スカイアクティブ ビークル アーキテクチャーの要素技術である専用開発タイヤによる恩恵を公道試乗でしっかりと体感できていただけに、フルスペックで導入されたMAZDA3の完成度はきっと高いものがあるはずだ。

8月初旬現在、広報部からの情報ではSKYACTIV-X搭載モデル以外はすでに販売を開始していて、ガソリン/ターボディーゼルに遅れての販売となっていたSKYACTIV-X搭載モデルも2019年12月中旬に発売される見込みだという。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT