日立「英国新幹線」ひと安心、受注得て生産継続

英国中東部向けの高速鉄道車両165両が内定

さて、今回アベリオUK向けに製造する高速鉄道車両はIEP向けの高速車両「クラス800」をベースに造られる。電化区間と非電化区間の両方を走れるバイモード仕様であり、客室内はWi-Fiや電源コンセントを完備している。

アベリオUK社向けに製造するクラス800のイメージ(画像:日立製作所)

クラス800は電化区間のみを走るクラス801、エンジン出力を高めて非電化区間における長距離運転を可能にしたクラス802といったラインナップがあり、これらは「AT-300」というブランドで日立が開発した都市間高速車両がベースになっている。

AT-300はIEPのほか、イングランド北部とスコットランドの各都市を結ぶトランスペナイン・エクスプレス社、ロンドンとイングランド北東部の港町キングストン・アポン・ハルを結ぶハルトレイン社などにも納入されている。さかのぼれば、日立の英国快進撃の嚆矢となったクラス395もAT-300が基になっている。

大量生産でコストダウン

現在のニュートンエイクリフ工場はクラス800シリーズの生産に適したレイアウトになっているという。つまり、アベリオUK向けのクラス800もレイアウトの変更なしに生産に着手できるというわけだ。

トランスペナイン・エクスプレス社向けのAT-300。完成前の塗装だ(記者撮影)

同タイプの車両を大量に造り続けるわけだから1両当たりの製造コストも下がっていくはずだ。従って英国内でクラス800シリーズをさらに車両を売り込む場合、価格競争力はますます高まる。

ニュートンエイクリフ工場で造られる車両は、まず、笠戸事業所で車両の溶接や重要部分の組み立てが行われてから英国に運ばれる。下松市では7月14日にIEP向け高速鉄道車両の陸送を昼間に行うイベントを行った。IEP向け車両の生産はこの車両がほぼ最後だったため、「クラス800の陸送はこれが見納め」とも言われていたが、今回のアベリオUK向けをはじめとして、これからもクラス800の雄姿を日本でも見ることができるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT