アスクル社長解任劇、「主謀者」は存在したのか

前社長の保身か、それとも支配株主の横暴?

アスクルの新社長には吉岡晃氏が就いた(記者撮影)

アスクルは8月2日に定時株主総会を開き、創業社長の岩田彰一郎の再任案を否決した。アスクル株を46%保有する筆頭株主のヤフーと、2位株主で11%保有するプラスが反対した。

岩田氏の続投を取締役会に具申した独立役員会(独立社外取締役による任意の指名委員会)の3人の社外取締役も同時に解任された。

少数株主を代弁する独立取締役を切り捨ててよいか

「過半数にも満たない支配株主が、100%保有している株主のように、経営トップの首をいとも簡単にすげ替えていいのか」

「気に入らないからといって、少数株主の利益の代弁者である独立取締役まで切り捨てていいのか」

日本取締役協会やコーポレート・ガバナンス・ネットワークなど、社外取締役の教育・研修を手掛ける機関はヤフーやプラスの動きを問題視している。

会社法には支配株主の権利は明記されているものの、少数株主に配慮する義務の規定がないという法制度の不備もあらわになっている。

今回の解任劇が少数株主の利益保護に向けた法改正の議論のきっかけになったのは間違いない。一方で、岩田氏解任の主謀者が誰なのかは依然闇の中だ。

次ページソフトバンクの宮内謙社長の意思を感じた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT