日経平均は453円安、リスクオフの円高も圧迫

一時2万1000円割れ、中国関連株が軟調

 8月2日、東京株式市場で日経平均は大幅反落した。終値は前営業日比453円安となり、約2週間ぶりの安値水準となった。トランプ米大統領が対中関税「第4弾」を9月に発動すると表明したことでリスクオフムードが強まった。写真は東京証券取引所で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅反落した。終値は前営業日比453円安となり、約2週間ぶりの安値水準となった。トランプ米大統領が対中関税「第4弾」を9月に発動すると表明したことでリスクオフムードが強まった。外為市場では円高が進行。日経平均もじりじりと下げ幅を拡大した。後場寄り後には2万1000円を割り込んだが、為替が1ドル107円台で小動きとなると、日経平均も下げ渋った。

トランプ米大統領の対中追加関税の意向を受け、米国株市場でダウが連日の大幅安となったことや、外為市場で円高が進行したことが嫌気され、東京市場は朝方から幅広い銘柄で売りが先行した。

トヨタ自動車<7203.T>、キヤノン<7751.T>、ソニー<6758.T>など輸出株が総じて軟調となったほか、コマツ<6301.T>、日立建機<6305.T>など建機株、ファナック<6954.T>など設備投資関連、東レ<3402.T>、SMC<6273.T>など中国関連と位置づけられている銘柄群も売られた。

TOPIXも大幅反落。東証1部の値下がりは1994銘柄と全体の92%を占めた。値上がりは129銘柄、変わらずは26銘柄だった。東証全33業種が下落し、鉄鋼、非鉄金属、海運、鉱業、機械などが値下がり率上位に並んだ。

個別銘柄では、カシオ計算機<6952.T>が逆行高。1日に2019年4─6月期の連結営業利益が前年同期比13.9%増の75億3200万円だったと発表。足元の好調な業績が好感された。腕時計「G─SHOCK」のメタル仕様モデルが好調に推移し収益を押し上げた。

トヨタ自は前営業日比2.3%安で取引を終了した。決算発表後に下げ幅をいったん縮小したが、戻りは続かず発表前の水準に再び下落した。2日発表した19年4―6月期連結決算(米国会計基準)は、営業利益が前年同期比8.7%増だったが、20年3月期通期の連結業績予想は為替変動の影響で下方修正された。

日経平均<.N225>

終値      21087.16-453.83

寄り付き    21211.06

安値/高値   20960.09─21211.06

 

TOPIX<.TOPX>

終値      1533.46 -33.89

寄り付き    1544.79

安値/高値   1526.03─1545.47

 

東証出来高(万株) 154404

東証売買代金(億円) 28250.05

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT