日経平均は453円安、リスクオフの円高も圧迫

一時2万1000円割れ、中国関連株が軟調

 8月2日、東京株式市場で日経平均は大幅反落した。終値は前営業日比453円安となり、約2週間ぶりの安値水準となった。トランプ米大統領が対中関税「第4弾」を9月に発動すると表明したことでリスクオフムードが強まった。写真は東京証券取引所で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅反落した。終値は前営業日比453円安となり、約2週間ぶりの安値水準となった。トランプ米大統領が対中関税「第4弾」を9月に発動すると表明したことでリスクオフムードが強まった。外為市場では円高が進行。日経平均もじりじりと下げ幅を拡大した。後場寄り後には2万1000円を割り込んだが、為替が1ドル107円台で小動きとなると、日経平均も下げ渋った。

トランプ米大統領の対中追加関税の意向を受け、米国株市場でダウが連日の大幅安となったことや、外為市場で円高が進行したことが嫌気され、東京市場は朝方から幅広い銘柄で売りが先行した。

トヨタ自動車<7203.T>、キヤノン<7751.T>、ソニー<6758.T>など輸出株が総じて軟調となったほか、コマツ<6301.T>、日立建機<6305.T>など建機株、ファナック<6954.T>など設備投資関連、東レ<3402.T>、SMC<6273.T>など中国関連と位置づけられている銘柄群も売られた。

TOPIXも大幅反落。東証1部の値下がりは1994銘柄と全体の92%を占めた。値上がりは129銘柄、変わらずは26銘柄だった。東証全33業種が下落し、鉄鋼、非鉄金属、海運、鉱業、機械などが値下がり率上位に並んだ。

個別銘柄では、カシオ計算機<6952.T>が逆行高。1日に2019年4─6月期の連結営業利益が前年同期比13.9%増の75億3200万円だったと発表。足元の好調な業績が好感された。腕時計「G─SHOCK」のメタル仕様モデルが好調に推移し収益を押し上げた。

トヨタ自は前営業日比2.3%安で取引を終了した。決算発表後に下げ幅をいったん縮小したが、戻りは続かず発表前の水準に再び下落した。2日発表した19年4―6月期連結決算(米国会計基準)は、営業利益が前年同期比8.7%増だったが、20年3月期通期の連結業績予想は為替変動の影響で下方修正された。

日経平均<.N225>

終値      21087.16-453.83

寄り付き    21211.06

安値/高値   20960.09─21211.06

 

TOPIX<.TOPX>

終値      1533.46 -33.89

寄り付き    1544.79

安値/高値   1526.03─1545.47

 

東証出来高(万株) 154404

東証売買代金(億円) 28250.05

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。