トヨタ、グループで初の1000万台超え

乗用車8社の13年国内生産は2年ぶり減

1月29日、乗用車8社がまとめた2013年の世界生産によると、国内生産が2年ぶりに前年実績を下回った。写真は東京モーターショーの会場で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] -乗用車8社が29日にまとめた2013年の世界生産によると、国内生産が合計で前年比3.5%減の911万0641台となり、2年ぶりに前年実績を下回った。生産拠点の海外移転に伴い輸出が減ったほか、12年9月に終了したエコカー補助金の反動減が響いた。

企業別では、トヨタ自動車<7203.T>の世界生産がダイハツ工業<7262.T>と日野自動車<7205.T>を含むグループ全体で史上初の1000万台超えとなった。

国内生産はトヨタ、日産自動車<7201.T>、ホンダ<7267.T>、スズキ<7269.T>の4社が減少した。補助金の反動減に加え、各社が主力市場の北米など海外に生産を移管したことも背景。国内生産比率の高い富士重工業<7270.T>とマツダ<7261.T>を除く6社の輸出が前年を下回った。

一方、トヨタグループの世界生産は同2.1%増の1011万7274万台となり、世界の自動車メーカーで初の1000万台を突破した。内訳は、国内が同2.9%減の429万0652台、海外が同6.1%増の582万6622台。同社はすでに14年の世界生産として1043万台の計画を発表している。

13年の世界生産はトヨタのほか、ホンダ、日産自、ダイハツ、富士重の5社が過去最高を更新した。富士重を除く4社は生産の現地化が進み、海外生産が伸びた。富士重は国内生産と輸出が過去最高。国内で生産し北米に輸出しているスポーツ型多目的車(SUV)「フォレスター」の好調がけん引した。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT