吉本興業の超ゴタゴタ、「株主」テレビ局の責任

テレビ関係者が接した岡本社長の強い意向

今回、宮迫さん田村さんを追い込んだ対応や「テープ発言」「全員クビ」発言は、私にとっては特段驚くことはなかった。

真偽のほどは会見でも曖昧なままだったが「まあ、いかにもありそうだ」という印象である。

吉本興業、岡本社長にこれからどれだけの「自浄作用」が働くのか、世間は注視するだろう。

一方で「株主」であるテレビ各局も、姿勢が問われていくだろう。

株主であるということは、吉本興業の「収益」が「配当」としてテレビ局に入るということである。

コンプライアンスに対する取り組みが甘かった、ブラック企業的な体質だった芸能事務所から配当利益を得てきた株主として、テレビ局はどのように向き合うのか。

これまでの吉本興業に対する反発か

テレビ各局は、現在吉本興業に関して〝忖度(そんたく)〟することなく厳しい論調で番組を展開している。情報番組は、参院選があったにもかかわらず、選挙結果は二の次に吉本ネタで長時間引っ張っている。ニュースでも大きな尺を割いているのだ。

おそらく、これまでの吉本興業の番組現場に対する姿勢、岡本社長のやり方に対する反発もあるだろう。

しかし番組上での批判だけではない、株主として吉本興業の経営体制にも確固たる姿勢で臨むべきではないだろうか。

在京、在阪すべてのキー局が株主に名を連ねている以上、そこには「社会的責任」もあるはずだ。

吉本の芸人が、テレビで存分に力を発揮して世の中に笑いを振りまいていくために、テレビ局も腰を据えて「吉本興業再生」に取り組むタイミングと言えるだろう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
給料 最新序列<br>生涯給料をグンと上げる技術

給料をアップさせるには、転職をするか、社内評価を高めるかのどちらか。独自試算した上場3227社の生涯給料ランキング、年齢×ポジション別年収マトリックスなど、公務員を含めた給料の現状と、具体的な引き上げ術を紹介する。