マツダ「ロードスター」はどう進化していくのか

開発責任者が語る「未来のロードスター」とは

――改めて、発売から4年が経ったNDの進化を振り返っていただけますか。

国内では2018年秋にRF用の2.0リッターエンジンを大幅改良しました。最高回転数をそれまでの6500rpmから7500rpmまで一気に上げ、全回転域でのトルクも上げました。1.5リッターも多少ですがトルクアップなどを行い、すごく乗りやすくなったとお客様から好評です。

「だれもが、しあわせになる。」という提供価値

――そのエンジンラインナップですが、仕向け地別での違いはどうなっていますか。

日本は(電動ハードトップの)RFが2リッター。北米はすべて2リッター。欧州ではソフトトップとRFそれぞれに1.5リッターと2リッターがあります。これはNCで採用した1.8リッターがエントリーモデルとして人気だったことに由来します。

本稿執筆時点でマツダから借りているマシングレーカラーの広報車(筆者撮影)

こうした違いは、地元ディーラーやお客様からの声をもとに決めています。日本でもソフトトップに2リッターを、という声が一部にありますが、(国内での走行状況を加味した性能のバランスを考慮して)2リッター導入の予定はありません。マニュアルミッションとオートマチックトランスミッションとの比率は(世界市場で)ソフトトップが7対3で、RFはゆったり優雅に乗りたいという要望が多いため5対5です。

――では、未来について伺います。30年間のロードスターの進化を踏まえて、これから先のロードスターの進化をどのように展望していますか。

いまから30年、50年経っても、ロードスターの提供価値は変わっていないと思います。「誰もが幸せになる」。これがNAのカタログの1ページ目の言葉です。開発の哲学としての、人馬一体はこれからも変わらない。みんなで集う楽しみ、カスタマイズする楽しみも変わらない。ライトウエイトであること、前後重量配分50:50など、(いわゆる)ロードスター憲法は変わらない。時代時代で法的な規制などがあっても、マツダが持てるすべての技術を擁して、これから先もロードスターであり続けます。

次ページロードスターのEV誕生の可能性は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT