VW「ビートル」が80年の歴史に幕を下ろした理由

独特の形状や設計に込められた意味とは?

ミニにはミニの事情があり、既存の自動車部品を流用しながら廉価な小型車を生み出すことにあった。また、第2次世界大戦後からの十数年は、戦前の設計を受け継ぐクルマ(タイヤを覆うフェンダーが車体の外に出っ張った姿=ビートルのような格好)が多かったが、ミニは、戦後の新しい時代を築くクルマにしたいとの思いがあった。

その回答が、ビートルとは異なる四角い格好で、前輪駆動で、大人4人を移動させることのできる小さなクルマという姿で完成されたのであった。

またイギリスに高速道路はあっても、アウトバーンのような速度無制限で走れる環境ではない。ロンドン以外の都市は小規模で、郊外には丘陵地帯を抜ける屈曲路の細い道が連なり、そこを走るうえでミニは最適な大きさと性能を備えていた。ドイツとイギリス、それぞれの時代と、国柄にあった小型大衆車の誕生である。

したがって、2001年にドイツのBMWがニューミニを誕生させたとき、その姿はニュー・ビートルと同じように初代に似た造形となったが、そこに技術的、あるいは合理的な必然性が初代から引き継がれ、残された。

電動化がクルマの形を変える時代

今日、ミニは車種を拡大し、車体寸法もより大柄にはなった。だが、その構成要素はなお技術的、合理的必然性から逸脱してはいない。ミニが現在も人気を博し、販売を拡大しているのに対し、ビートルがいよいよ終焉を迎えた理由は、昔を懐かしむ姿でしかなかったからであろう。

しかし今後、普及が見込まれるEVは床下にバッテリーを搭載し、モーターや制御機器は車体のどの位置にも搭載できるようになる。もはや技術的、合理的な側面で造形の意味はほとんど失われ、使用や利用上の利便性、あるいは人の感性が形を求める時代になるだろう。

電動化や自動運転化が進み、人とクルマがどのような親しい関係を結んでいくかが問われた際、あらためて造形の重要さが見直されたときには、人を笑顔にするビートルのような姿が復活することはあるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。